1. 無料アクセス解析

スプリンターズS回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素質を見込まれ3番人気に押されていたアストンマーチャンが見事快勝。
中舘騎手への乗り替わりの時点で逃げる事は明白だったが、流石は"逃げの中館"、その真骨頂を見た。
ヒシアマゾン以来のGI制覇、お手馬に恵まれない様にも見えるがそもそも騎手としての役割が他の騎手とは少し違うのかも知れない。
ローカル中心なのもそういった事情がありそうだ。

2着馬サンアディユは自分の形とはいえず、苦し目の闘いになった、フレンチデピュティ産駒だが道悪が必ずしもプラスではない印象もあった。
3/4馬身差でこの2着は立派。
春までダートでうだうだしてた馬がひと夏でここまで強くなるか、といった位目覚ましい成長を遂げた。
川田騎手も共に成長している感じで良い関係が伺える。

3着はいまだ良化途上とも言えるアイルラヴァゲイン。
もとより高い能力は持っている馬だし、中山コースは得意だ。
エルコンドルパサー産駒はレース自体が全体的に苦しくなったときに乗り越える力を持っている、今回は馬場の悪さがそれに当たる。
某番組の逆女神も突き放したw

今回も馬インフルエンザの影響を受けた6頭はいいところ無し。
2番人気におされた春のスプリント王も屈した事を考えると深刻かもしれない。
秋のGI初戦は3→1→5人気と順当な結果。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/442-59bcabe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。