1. 無料アクセス解析

エリ女に見るタキオン産駒の今後

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レインダンスの熱発に因る回避と跛行によるウオッカの当日回避で3歳世代の下馬評を一気に背負うことになった2冠馬ダイワスカーレット。完勝に見えたが‥いや、事実完勝したと言えるがレースレベル的には3歳世代が他より優れている証明にはならなかったとみる。

昨年の繰り上がり覇者で2着のフサイチパンドラに騎乗したルメールは『勝った馬が強い』とコメントしたが、ディアデラノビア(5着)に騎乗した武豊は『ここまでスローとは‥』とあまりのペースの遅さに嘆いた。

スタートで失敗した柴田善臣の功罪も大きいが、やはり安藤勝のレース巧者ぶりが一番大きいだろう。
桜花賞の時と同じく直線で他馬がスパートするタイミングで伸びてきそうな後続馬の進路をカットする、一度伸び始めた馬は失速を余儀なくされもう一度、エンジンをかけ直さなければならない。
前回はそれでウオッカの追撃を封じ、今回はアサヒライジングとフサイチパンドラが憂き目にあった。

勿論審議になるレベルではないし、多少荒くとも勝たせるのが騎手の仕事だ。
文句を言えたものではない。
しかし、心情的にはどうか?
正直、汚いやり方にも見える。
ダイワスカーレットは確かに世代トップクラスの実力がある馬だというのは疑う余地のない事実だが、3勝したGIの内の2つは鞍上の手腕によるものである。
もっとも、そんな手を使わずとも勝ててい可能性も高い。
だが、これも結果として馬の力を疑わざるをえないことになっている。
アグネスタキオンの代表産駒である同馬を判断材料にすると楽観的に見ることは難しそうだ。
タキオン産駒でGIを勝つには鞍上の手腕に+αが必要かもしれない。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/453-0edea112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。