1. 無料アクセス解析

牡馬クラシック戦線

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬インフルエンザの影響を多大に受けている今年、未だ本命不在と言われているがさて、どうだろう。

昨年暮れ頃には秋以降にデビューした馬がそれまでの夏デビューの実績馬を蹴散らす場面が多々見受けられ、後半デビューの素質馬が強い的な流れだった。
しかし、年が明けてからはまた傾向がかわり、シンザン記念は7月デビューのドリームシグナル、京成杯は10月デビューのマイネルチャールズとデビュー時期傾向が無くなっている。

と、言うことは余程の大物が控えていない限り、例年と同じ傾向か?
例年並びならダービー馬は既にデビューしていることになる。
大半のダービー馬は9~1月の間にデビューしている。

しかし、冒頭で述したように本命不在。
現時点でダービー馬がデビューしているのであれば、物差し馬に先着しているかそれらとやり合っていない馬となる。
現時点で物差しと思える馬は2頭
マイネルチャールズ
スマイルジャック
2頭を比較すると前者のほうが優れていそうではあるが、あまりに絞れ過ぎてしまうため後者をチョイ格下の物差し馬としてみたい。
マイネルチャールズに先着しているのはこれまで僅か2頭。
ロスペトリュス
ミステリアスライト
これに京成杯で不利を被りまくったアイティトップを加えたい。
ミステリアスライトは残念ながら戦線を離脱している。
スマイルジャックに先着している馬は
フォーチュンワード
アロマキャンドル
フサイチアソート
スズジュピター
ショウナンアルバ
アサクサダンディ
結構いるがまだ、底が割れていない馬もいる。
アロマキャンドル辺りに大物感があると思うがどうだろう。
少なくともこの辺りを上回る駒が今週デビューしなければ、まだこの2頭とぶつかっていない馬かマイネルチャールズが京成杯馬でダービー馬という快挙を達成しそうだ。

個人的には今週デビューのゴールデンルーヴェに頑張ってもらいたい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/482-89b07143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。