1. 無料アクセス解析

フェブラリーS(2)

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年出世街道を爆走した2頭、まずはワイルドワンダー。
文句なしに強い馬だと感じます。
ブライアンズタイム産駒らしく大舞台に対応する強さもあるでしょう。
距離はあまりもたず1400~1600mがベスト。特に東京のダートマイル以下に限れば[4.1.0.0]とパーフェクト連対。
配合はBT×SS×Mr.Prospector×NDと近年日本で主流の血脈が統べて取り込まれており、贅沢な配合です。
BTの力強さとミスプロ柔らかさのバランスがよく、SSとNDで底力の補強を行っているといった感じに見えます。
芝も行けそうな字面ですが、向き不向きも強く出るようです。

もう一頭はやはりロベルト系でマヤノトップガン産駒のメイショウトウコン。
昨年は期待されつつも惨敗していますが、一年かけて輸送を克服するために頑張りました。
結果的にJCD5着、東京大賞典3着と漸く環境対応(逆に鈍くなった?)ができるようになってきました。
調教師も『昨年とは別馬』と言い切っています。
この馬野持ち味は何と言っても末脚です。
まるで芝、しかも芝でも速いクラスと言える末脚を繰り出します。
良馬場、広いコースでマイルであればソコソコ外を回らされても冬の重い府中マイルなら充分勝負になるとみます。
配合は
マヤノトップガン
×
ジェイドロバリー
×
リアルシャダイ
×
ノーザンテースト
×
マリーノ(ワイルドリスク系)

マヤノトップガンはニジンスキーとニックス関係にあります。
これにロベルトのクロスを与えています。
ロベルトが強く出ると前脚で掻き込むような力強い走りをする馬が多いのですが本馬は父に含まれるブラッシンググルームが良い影響を与えているようです。
ダイナコスモス等を出している牝系でもあります。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/489-d703b0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。