1. 無料アクセス解析

カジノドライヴデビュー

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の新馬戦の目玉、カジノドライヴ。

馬主は山本英俊氏。
美浦 藤沢和雄厩舎。
この組合せといえばバーキングウルフ、スパークキャンドル、レッドシューターが同世代です。
フライングアップルと言えば大体のイメージは湧くでしょうか。
マル外の良血大好きな感じです。

カジノドライヴはアメリカ3冠レースに登録しています。デビューすらしてませんが、登録した理由は兄姉にあります。

二つ上の半兄Jazil(ジャジル)そして一つ上の半姉Rags to Richs(ラグズトゥリッチズ)はともに米三冠最終戦、ベルモントSの勝馬。
特にRags to Richsは牝馬では108年ぶりの牝馬優勝の歴史的快挙を達成。
もし、カジノドライヴがベルモントSを勝てば兄弟で三連覇という歴史的快挙が達成されるのです。

半兄はSeeking The Gold産駒、半姉はA.P.Indyとトップサイヤーが配合されています。
カジノドライヴはどうかというとMainShaft。
米年度代表馬で今年が初年度産駒となります。
MainShaftは父がA.P.Indy、母父がMr. Prospectorで姉とは3/4同血、兄とは9/16同血となりすでに実績のある配合。
母系はFNo.8ーf。
母Better Than Honourの叔母に名牝Sex Appeal(=従兄にTry My Best)のいる質の高い牝系。
他にもデノン、フサイチパンドラ、シロキタクロス、マチカネエンジイロが一族です。

後は日本への馬場適性がポイントですかね。
配合は
Main Shaft
×
Deputy Minister
×
Blushing Groom
×
Traffic Judge((Alibhai)
×
Mr. Busher(War Admiral)
Mine Shaft産駒は今年JRA登録されているのは6頭。
そのうち出走は2頭でタカラシャフトが勝ち上がっています。
2頭の産駒通産成績は[1.1.1.3]
タカラシャフトは母父ND系ということで共通するところがあるかもしれません。
母父Deputy Ministerはカネヒキリを筆頭にマルターズスパーブ、サイレントアスク、サクセスビューティなどがいますが活躍できない馬も。
163頭いる中で、5000万円以上稼いでいる馬は13頭です。
母がDM×BGという馬がなかなか見つからないのでそのあたりは割愛で。
一見芝も走れそうな配合ですが本領発揮は硬いダートとみます。
能力の高さでOP勝ちくらいまでしてくれるといいのですが。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/490-7b50c7f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。