1. 無料アクセス解析

すみれS、水仙賞、アーリントンC、きんせんか賞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみれS、水仙賞、アーリントンC、きんせんか賞と特別戦以上のレースが4つ行われました。

■すみれS
3着のダンツウイニングはレベルの高かった京成杯で0.2sec差5着があります。
それを物差しにするとキングスエンブレムがかなりの強さになりますがそう単純に比較は出来なさそうです。
まず、今回ダンツウイニングはかなり不自由な競馬を強いられていたこと。勝負所で外を抑えられた形になりました。
もう一つはキングスエンブレム自身がブラックシェルやアインラクス、はてはランチボックスにまで負けています。
ショウナンアルバを見ると嵌まれば強いウォーエンブレム産駒というイメージで今後も警戒が必要ですが安定感は欠きます。

■水仙賞
オリエンタルヨークが勝ちキャリアの浅い馬が健闘しました。
皐月賞に直結する様には見えませんが、ダービートライアルまでに上位3頭がどう成長するかで出世レースになる感じもします。

■アーリントンC
注目事項はポルトフィーノの負け方です。
ああいったレースをすることは大体想像がついていましたが、あそこまでかかる馬というのは意外でした。
豊のトライアル乗りでの溜め殺しはよくあることですが、2、3着確保が定石のはず。
賞金の上積みも兼ねてここは2着以内が必須だったはず。
果たして能力を削がずにうまく御せるのか?もしかしたら生粋の逃げ馬かもしれませんね。

勝ったダンツキッスイは阪神のこの条件を逃げ切り。
ポルトフィーノが掛かって無理に抑えたせいもあり、淡々としたペースで楽逃げ。
4コーナーで後続に付けていた10馬身差をラストは1.3/4まで縮められたあたり、シンボリクリスエスというよりは母父のタイキシャトルが強く出ていそうです。

■きんせんか賞
ブラックエンブレムが桜花賞に名乗りを上げたといっていいでしょう。
この馬もウォーエンブレム産駒ですが嵌まれば強い(展開)というより、条件的に合えば強い感じですね。
能力は高いと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/495-c7ca0aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。