1. 無料アクセス解析

弥生賞 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦前の下馬評で人気を集めたブラックシェル、マイネルチャールズは結果を残せたがアインラクスは惨敗。
コレまでの戦歴で出ていた力関係をきっちりとトレースした形となった。

勝ったマイネルチャールズは何度か言っているようにこの世代のトップクラスの力量を測るための基準馬。
だが、一位、二位を決める為の基準と考えていい。

今回は馬体も4キロ減と万全とは言えない状態だったが負けないだけの走りが出来た。
『470㌔になればすごい馬になる』といわれているだけに、今後の成長にも注目。
京成杯勝ち馬がその後重賞を勝った例はなく、これまでどんな素質馬でも打ち破れなかったジンクスをクリア。
中山2000mは最も得意とするところだけに皐月賞でも不動の中心か。

2着のブラックシェルは”流石武豊”という騎乗で権利+賞金を奪取。
本番ではキングスエンブレムに乗りそうだが‥
あくまで相手なりに走る馬で際立った決め手や粘り強さがないのはこの先も致命的。
本番ではあっても掲示板か。

3着タケミカヅチはマイネルチャールズより低い基準馬で掲示板指標。
同レースに出ていたスズジュピターと実力はほぼ同等。この馬に勝てない様では用無し。
スズジュピターは東京に対する適性が高く中山は苦手。ダービー路線では修正が必要。

テラノファントムは収穫。キャリアを積めばもっとやれるが焦って使うと壊れそうだ。

今回で明らかになった力関係
アインラクスの負けっぷりを三段論法的に計ると・・
ブーケフレグランスに0.2差→アサクサダンディと同等。→アサクサダンディもタケミカヅチまでいくかどうか?
ジュウクリュウシンも下手をすると同程度。
アサクサダンディはスプリングSに出てくる予定なので同レースを予定している馬で力関係がはっきりするだろう。

スプリングSでは
マイネルチャールズアイティトップ
タケミカヅチ=スマイルジャック
として考えると測りやすい。

新星現れず、当初の思惑通りの力関係を整理するに留まった弥生賞だった。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/499-b5aab9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。