1. 無料アクセス解析

牝馬クラシック 力関係

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A
ブラックエンブレム
トールポピー
リトルアマポーラ
B
ポルトフィーノ
シングライクバード
ライムキャンディ
C
シャランジュ
オディール
エイムアットビップ
エフティマイア
エーソングフォー
デヴェロッペ

ブラックエンブレム
衝撃的な勝ち方の後フラワーCでは不本意な逃げで粘り通し、脚質に融通性があることも証明しました。
ショウナンアルバと同じウォーエンブレム産駒というのも爆発力がありそうで期待です。
ミスプロの3x4とコレだけ見ると緩く非力な印象ですがダマスカスの5x5が入ることで適度な硬さを与え、結果として瞬発力が出ている配合でしょう。
隠し味はプレイメイトとNumbered Accountの全姉妹クロス5x4で単純にプライヴェートアカウントにミスプロを足したような感じかもしれません。成長力も問題はなく今後期待の大きい馬です。

トールポピー
2歳から活躍し始め、前走も明らかに休み明けの競馬。
それでも2着に残るあたりがこの馬が世代のトップクラスであることを物語っています。
兄がフサイチホウオーというところがチョット成長力に疑問ですが春のクラシックでは有力です。

リトルアマポーラ
アグネスタキオンにしては大物感のある走りをします。
アグネスタキオン産駒が成功する条件として、スタミナを注入するというセオリーがあります。
この馬はパッと見そういった血が入ってないように見えますが母父コマンダーインチーフの粘り強さ、チャイナロック、在来牝系がうまく絡んでスタミナを引き出しているのでしょう。

Bですがポルトフィーノもまだ見限れません。
気性の成長が問題ですが牡馬のショウナンアルバと同じ様なタイプのようにも見えます。
ただ、頭が良い分ショウナンアルバよりも諦めるのが早く鞍上と喧嘩すると投げてしまうのでしょう。
オークスで祖母母娘の三代制覇と言う偉業もあるのでがんばってもらいたいところです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
トールポピーの成長力は疑問だけどとりあえず春まではOKでしょう。
まだ気性面に幼さがある馬だけに兄以上の伸びしろを期待しています。

2008/03/28(金) 23:18 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/508-0579ff4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。