1. 無料アクセス解析

桜花賞 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多くの下馬評、目論見が外れ大波乱となったクラシック第一弾。

勝ったレジネッタはフレンチデピュティ、2着エフティマイアがフジキセキ、3着ソーマジックがシンボリクリスエスと言う父馬。
この3頭の種牡馬に共通することは高いレベルで芝砂どちらの産駒も出してことですかね。
もちろん、雨で馬場が緩んでいたことも大きな要因。

調教から見てもコースは坂路のみ、トラックのみ、併用、軽め、強め、多め、少なめとバラエティに富んでおり傾向が掴めませんでした。

トールポピーはデビュー以来の最低馬体重への馬体減、リトルアマポーラは前走10㌔減らし、8㌔戻しで変動が激しく、一冠目に気合いを入れすぎたかも。

外回りになり、一気に直線が長くなったこと、昨年の結果が堅かったこと等から「魔の桜花賞ペース」はなりを潜めた的な言われ方をしていたが、確かに乱ペースではなくなったかもしれない。
しかし違う意味での魔の桜花賞。
来年以降も波乱決着は想定していたほうが良さそうです。

そういえば、ブラックエンブレムですが追い切りをしないのは当初からの予定で、桜花賞は元々の青写真にはなかった様です。三冠のうちどれかは獲れる、完成は秋以降かなと小島調教師は言っています。
桜花賞目標でがっちり仕上げると獲れてもその後スランプに陥る馬が多い、と言うのも今回の調教理由です。ここを読まれている方はしっかりとした理由の下での臨戦体勢だった事を理解しておきましょう。

今回の結果がオークスに繋がるかというとものすごく微妙ですが、3着だったソーマジックはいい感じでしょう。
上がり最速を記録したリトルアマポーラも巻き返しの可能性はあります。
トールポピーは兄の事を思い出すと…
ブラックエンブレムは何処まで調子を戻せるか?

ちなみに桜花賞のサインは5枠のポピーとアマポーラは名前の由来が芥子科の花≒5枠はケシでした(・ω・`)ちゃんちゃん
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/520-fef1ffdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。