1. 無料アクセス解析

青葉賞 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青葉賞予想
雨予報が出ているので渋る馬場前提で。
◎クリスタルウイング
○ゴールデンルーヴェ
▲ファビラスボーイ
△ニシノエモーション
△フジヤマラムセス

クリスタルウイング
走るアドマイヤベガ産駒のセオリー配合。
走るアドマイヤベガ産駒は母系にハイペリオンを持っている。
母フェアリードールはハイペリオン5・5x5・6・6・7・7で都合4x4・6とすさまじいインブリード。
ハイペリオンの血は粘りを増すので追えば追うほど伸びる、府中の渋る馬場では鋭敏な切れよりも豪脚イメージのほうが合う。
藤沢和厩舎はゼンノロブロイ、シンボリクリスエスでこのレースを勝ちダービー2着の実績がある。
『今年はこの馬しかいないので・・・』の言葉通り、勝負気配がある。
トゥザヴィクトリーの半弟という血統も前記二頭の先輩に引けを取らないものだ。

ゴールデンルーヴェ
こちらもセオリー配合。
日本のキングマンボ産駒の活躍馬は1頭を除いてND系の血を持っています。1頭の例外はスターキングマンです。
特に母父ND系にはエルコンドルパサー(母父SW)、キングカメハメハ(母父ラストタイクーン)、アルカセット(母父ニニスキ)、アメリカンボス(母父デキシーランドバンド)、マンボツイスト(母父ダンチヒ)等がおり、信頼の置ける配合です。
道悪のキングマンボ、ということで大抜擢です。

ファビラスボーイ
JC、ダービー馬とJC2着、秋華賞場の配合ということで底力は申し分なし、最も東京に適性がありそうです。
本来ならば本命に押したいのですが気になるのは鞍上。
後藤を使わなくなった堀井厩舎は成績急落、後藤から隼人への乗り代わりは手が出しづらいのが本音です。

ニシノエモーション
父シンボリクリスエスと同様山吹賞を勝ってここにきました。
祖母Bint Pashaは仏ヴェルメイユ賞の勝ち馬でそこにSWですから母は超良血ですね。
父は強かったのですがそんなに良血でもないので配合のバランスが気になります。
うまくマッチすればすごい力を発揮すると思うのですがちょっと泥臭い父なので親和性に疑問符がつきます。

フジヤマラムセス
元々厩舎の期待馬でしたが新馬戦快勝後、骨膜炎で半年の休養。
復帰緒戦は4着ですがメンバー上位の上がりで実力はありそうです。
期待値が先行した買いです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/529-25eb3082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。