1. 無料アクセス解析

日本ダービー 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大混戦に拍車をかける皐月賞馬の不在、そしてNHKマイルC馬の出走。
オリエンタルロック、出世レースである東スポ杯2歳馬フサイチアソートが出られないという事態。どの馬にもチャンスがあるように思える今年のダービー。
そんな中からでも勝つ馬は出る。
今年のクラシック戦線はSS産駒がいなくなり傾向が変わって来つつある中で、馬インフルエンザの流行によるデビューのずれ込み、混戦の原因はここにあるだろう。
過去の傾向は重視しないほうが賢明か。
オークスは桜花賞組が来、傾向通りに思われるかもしれないが、2歳女王がオークスを勝ったのは実に11年振りだった。

本命に推したいのは毎日杯、NHKマイルCでも期待に応えてくれたディープスカイ。毎日杯でキャリアが薄かったといえ、後に青葉賞を勝つアドマイヤコマンドに決定的な差をつけた。
前走のNHKマイルCで見せた馬場悪化の中での息の長い鋭い末脚。
府中の長い直線で最大の武器になるだろう。

対抗は○マイネルチャールズ。後発組が高い評価を与えられる中、王道に近いローテをで結果を伴いながら闘ってきた。
心配なのは姉マイネヌーヴェルが高い評価を与えられながらオークスで惨敗したこと。
母マイネプリテンダーの産駒は中山2000メートル複勝率100%。最も得意とする馬場が中山で東京への適性が鍵。兄のマイネルアワグラスは東京ダートで鬼脚を使っているので杞憂に終わるかもしれない。

単穴は青葉賞からダービーと藤澤和雄厩舎王道ローテを進むクリスタルウイング。
藤澤師の談によると
『シンボリクリスエスやゼンノロブロイに比べても一枚落ちるくらい』
とのことでダービー2着、年度代表馬にも選出された同厩舎の2頭の先輩と比較した。
今年の混戦模様なら勝負になる。

重い印を打てなかったが、素質は明らかに上位といえるアドマイヤコマンドが△。前走の青葉賞は距離伸びてさらに良さが引き出された。
印ほどの差はない。
ジリ脚なので動き出しに気をつけないと思った進路が取れない可能性もある。

プリンシパルS同様、アグネススターチが逃げを打つ。
ハイペースの逃げならば鮮やかな末脚で一気に突き抜けるかもしれない★ベンチャーナインに色気を持感じる。
主戦の武士沢騎手の急逝した愛馬トウショウナイトにかわる活躍を期待したい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/544-39749dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。