1. 無料アクセス解析

宝塚記念回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本命はメイショウサムソンだったのですがアサクサキングスのあのよれよれ走法に巻き添えを喰らっては致しかたないですね。
数戦前同様に豊は『大きいレースなんだから、きれいに乗ってほしいよね』と苦言を呈しておりました。
最近、中堅~主力ジョッキーの騎乗の荒さが目立ちます。
藤田も模範騎手後に騎乗外で処分を喰らってからは見る影も無い。
池添は人の迷惑省みず。
四位は馬を制御しない。
安藤勝はギリギリのラインで走路をカットする。
さて、栗東のジョッキーばかりですね。ハングリーなのとガツガツ荒いのは違います。あんちゃんじゃないんだから。

話を戻すと3着のインティライミもフラフラキングスにやられました。勝ったエイシンデピュティは不利を被らない終始先頭と不良に近いような道悪がはまりました。
ウッチーのファインプレーでもあり、地方時代の内田博幸が戻ってきた感じです。

もちろん、馬自身の能力は高く、また、フレンチデピュティには珍しく晩成タイプで成長力は抜けていました。あがりの速いレースだとどうかですが今回の結果をフロック視するのは危険です。私は連下評価でインティライミは無印でした。
今後は毎日王冠から秋天を目指しますが、道悪にならない場合は左回りが苦手な馬だけに切ることもできそうです。

最後にロックドゥカンブですが左後脚繋靭帯断裂とのこと。
恐らく競走能力喪失に近いものがあるでしょう。岩田は入線まで走らせましたが、途中で左トモに違和感を感じたと言っており、なぜすぐに止めなかったのか?と疑問が湧きます。

後味の悪いレースだったのは確かな事ですが、ウッチーのバク宙で少しは救われた…でしょうか?
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/552-1cc8f4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。