1. 無料アクセス解析

芙蓉S 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌2歳はメンバリングが微妙。
今年も道営馬か‥の雰囲気。
こちらの芙蓉Sのほうが面白そうです。

注目は新馬の勝ち方が期待を持たせるダノンベルベール。
配合は
アグネスタキオン
×
Beling(Sea Bird系)
×
African Song(Tudor Minstrel系)
×
Soleil Levant(Teddy系)
×
ニンバス(Nealco系)
×
StarDust(ハイペリオン系)

軽快なスピードを示している割にはスタミナ系の配合。
アグネスタキオン産駒の配合セオリーであり、そこそこの大物感を感じます。
頑強なハイペリオンが入るのも高評価。イメージ的には芝のマイルから2000mでコース問わず、3歳クラシックは楽しめそうな成長力もありそうです。


外枠不利な中山マイルを15番枠から先行し計ったように勝ったモンドールにも注目。
今回も同じコースでの闘いだけに経験がある分有利か。配合は

タイキシャトル
×
SeattleSlew(Bold Ruler系)
×
Posen(Danzig系)
×
Hail to Reason
×
キングスベンチ(Fairway系)
×
His Grace(Brand Ford系)

タイキシャトル産駒は硬くなりやすくダート、短距離辺りに活路を見出だしますが,モンドールに関してはプリンスキロ×ロイヤルチャージャー(≒ナスルーラ)やボールドルーラーといった体の柔らかさを出す配合が散りばめられており、単調なスピード馬と言う印象はありません。
新馬戦も最速タイの上がりを見せており、上のクラスでもやって行けるタイプ。とはいえ小脚がうまい感じが中山に合いそう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
道営馬2頭に唯一先着したのはなんと阪神デビューのネオユニ産駒。
やっぱり2歳重賞じゃ種牡馬の価値は計れないのかな?
勝ち上がり頭数を考えても一発長打タイプの可能性も否定できず。
2008/10/04(土) 21:27 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/559-5de494df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。