1. 無料アクセス解析

天皇賞(秋)展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3世代ダービー馬揃いとはならなかったが好メンバーが揃った事にはかわりない今年。

先ず一番人気になりそうなウオッカ。
常々申し上げている様にこの馬、マイラーでした。
ダービーを勝った時も一貫してこの主張ですが、『でした』と書いてあるのは結果論ではなく、過去形です。
先手をとったとは言え前走の毎日王冠、東京芝1800はマイラーにとって最も厳しいコースだと思います。
逆に2400のほうがマイラーに向いているくらい。
このコースでの好走は確実に強化されている事、もうマイラーという括りではない事が証明されたと言って良いでしょう。
今回も有力。

こちらもダービー馬ディープスカイ。デビュー当初は1400ベストと思われる馬だったが毎日杯を制した辺りから馬が変わりはじめた。結果、NHK、ダービーを制し、秋初戦の神戸新聞杯もいかにも太目残りながら危なげなくクリア。
ダービーの時計比較などで世代の能力が疑問視されているがこの馬は明らかに別格。
むしろ評価すべきは毎日杯。
締まったラップの方が向く馬で、2400は明らかに長い。
向かない距離でも地力で押し切ったといえる。

三番手はタスカータソルテ
札幌記念勝ち直行は好感が持てる
ルメールを鞍上に迎え万全。

アドマイヤフジはウオッカの事が気になるらしく、調教などでも気をとられてしまうらしい。
そんな彼女と同じレースに出たときはすべて5着以内。
いいとこ見るチャンス。

早速全開のペリエを鞍上に据えたトーセンキャプテン。
巻き返しが見込みにくい前走だが鞍上の力で連下。

苦手の関東遠征を克服しつつあるサクラメガワンダー。ロベルト系だけに微妙ではあるが、長い直線に向くタイプで押さえは必要。

ダイワスカーレット
スローにならないレースの上、ゴチャつきも少ないレースなので鞍上の進路取りのうまさはプラスにならない。牝馬同士なら別だが今回は出番無しだろう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
今回は事後になって申し訳ない。

ウオッカは今でもマイラーだと思っているよ。
次走がマイルCSなら買うけどジャパンCなら消し。
スカーレットが58"7で引っ張ってくれたおかげで切れ味が活きる流れになって漁夫の利を得た。
にしても、牝馬のワンツーなんてどれだけ牡馬はダラしないんだ??
エアシェイディ・カンパニー絡みの3連複を持っていただけにどの馬かに空気を読んでほしかった(笑)

エンジンのかかりが遅いマイラー、グラスワンダー産駒はGⅠじゃ論外。
2008/11/02(日) 17:02 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/564-9178cbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。