1. 無料アクセス解析

アルゼンチン共和国杯 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステイヤー誕生。
スクリーンヒーローが初重賞制覇。
これまでの勝馬が物語るように、アルゼンチン共和国杯が行われた東京2500mという条件はステイヤーが活躍する舞台であり、流れ一つでマイラーでもやれる中山2500mとは同じ距離でも全く性質が違う。

サンデーサイレンス産駒のような、ビュッとした切れ味の馬はそもそも向いていない。今回のジャガーメイルもそうだった。
発走直後が上り坂。これが2400mとの大きな差。

勝ったスクリーンヒーローは前走ジャガーメイルに僅かな差で敗れたが、今回は3キロもらい。
お膳立てはととのっていた。

秋天でダイワスカーレットが負けた分、今回は社台系が勝つと予想し、総帥である照哉氏の馬から買ったという下衆な買い方で的中。(;^ω^)

さて、スクリーンヒーローの配合は
グラスワンダー
×
サンデーサイレンス
×
ノーザンテースト
×
Tom Fool
×
Red God

スタミナの裏付けは
Tom Fool
×
Red God
で何となくイメージとして浮かぶが、ロベルト系らしからぬ適性。
グラスワンダー産駒はサクラメガワンダー、オースミグラスワンの様な馬も出しているので上級産駒は伸び脚がいいのかもしれませんね。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
グラスワンダー産駒は有馬2連覇よりも、京王杯SCの勝ちっぷりとエアジハードと叩きあった安田記念からマイラーのイメージが強いね。
Silver Horkが間に入っているだけに単なるRobert系とも違いそうだし…
社台SSからも出されたしこの産駒は永遠に狙うことはないでしょう。
2008/11/12(水) 19:25 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/566-f6e83cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。