1. 無料アクセス解析

エリザベス女王杯 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリザベス女王杯回顧
スタート直後にポルトフィーノが落馬という波乱の幕開けで始まったが、終わったみればポルト以外の上位人気馬が1~3着を占める割りと順当な決着。
勝ったリトルアマポーラは課題のスタートを普通に出たのは予想出来たが…カワカミより前で競馬をするとは思わなかった。
てっきり、道中はカワカミマークで追い込んで来ると思ってたから「あれっ、位置取り逆じゃね?」と軽く面食らったが、結局最後までカワカミと追い込んで来たベッラレイアを寄せ付けない完勝。
ルメールに替わるのはプラスと思っていたが「お前、こんな横綱競馬出来るんだな」って言う位の劇的な変わり様は、イーグルカフェ@デットーリのJCダートを思い出させた。
2着のカワカミは太めだった前走から10キロ絞ってほぼ完璧な仕上がり具合。レース運びも位置取り、直線での仕掛け共に完璧であったが…それ以上に完璧だったルメールにしてやられたという感じ。
とはいえ、3歳時のカワカミなら捉えてただろうなぁと正直思った。オッズ程の絶対的な力量差は無かったと言うべきか。
3着ベッラレイアは陣営が危惧してた雨も大して降らなかったし、午前中で止んだのも幸いしたが…自分の競馬に徹してこの結果では、限界がハッキリ見えたと言わざるを得ない。
マイネレーツェルは全くの人気薄だったが、いつもより前の位置に付けて見せ場を作った。今後も上がりが掛かる消耗戦になれば注意が必要だろう。
レインダンスはカラ馬に邪魔されて1角までの位置取りが悪くなった。アマポーラ辺りの位置にいれば、もう少し上位馬に肉薄出来たと思う。
レジネッタは連戦の影響か、体が減り過ぎてしまい覇気が無かった。エフティマイアはやっぱり寒くなると駄目みたい。


さて、スタートでヤってしまったポルトフィーノ。あの気性では絶対いらないと思っていたが、まさかあんな形で消えるとは思わなかった(苦笑)
あんな目茶苦茶な走りで1位入線なんだから、まともであれば…と考える人もいるだろうが、俺はこれでポルトの気性は制御しづらくなるんじゃないかと危惧している。この一族はネタ馬路線を歩む確率高いからなぁ…。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/572-aa513116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。