1. 無料アクセス解析

ステイヤーズS 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大方の予想通りナイアガラがハナに立ち、最初の1000mは64.0で通過。このまま淡々とした隊列で行くかと思いきや、1周目の3コーナーで1番人気のフローテーションがハナを奪う予想外の事態が発生。
この藤岡の動きをどう思うかは人それぞれだろうが、俺は或る程度の評価を与えたい。
ハナに立って、スローな流れを更にスローに落としても上手く折り合いを付けさせ、残り1200から後続を篩いにかけるようなロングスパート。一頭いなければ、すいませんでしたと言うしかない騎乗だった。
その一頭というのは勝ったエアジパング。超スローでも上手く我慢させ、内ラチピッタリを回らせる省エネ騎乗。
勝負所でスルスル進出し、4コーナーではフローテーションを射程圏に捉えゴール前できっちり差し切る完璧な騎乗。菊花賞はアレだったが、やはり長距離戦のノリの騎乗は見てて飽きが来ない。
3着トウカイエリートもインで上手く立ち回れたのが大きかった。ベンチャーナインの不器用さは或る意味で飽きが来ない(苦笑)
何気に掲示板確保したドラゴンファイヤーには唖然。幸はしなければならなかった乗り方を藤岡にされてしまった感。ナイアガラは自分のリズムを崩された時の脆さを暴露…なんで2番人気になってたのか理解不能。


メンバー低調、レースレベル微妙だったが、レース内容はなかなか面白かった。馬券も最後に買い足したエアジパングの単複取れてウマーだったし(笑)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/592-f14fd1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。