1. 無料アクセス解析

阪神JF 回顧 byShin.

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブエナビスタの完勝。
この一言で終わってもいいくらいのレースだったがそうも行かないので。

ブエナビスタの母はビワハイジ。
繁殖当初こそ走る産駒が出なかったがアドマイヤジャパンを皮切りに一気に産駒の能力が向上。
アドマイヤオーラも出世しこのブエナビスタも流れに漏れずそれを受け継いだ。
母が早熟だった面があるので懸念するとすれば成長力か。
精神面では子供だが、馬体は完成度が高い。
その点スペシャルウィーク産駒というのは有り難いかもしれない。

2着のダノンベルベールも現時点での完成度は高い。
しかしスタミナ系で成長力にも心配のない配合距離延びても対応は可能だろう。
今回は相手が悪かった。

一戦一勝で3着と大健闘のミクロコスモス。
段々といい産駒が出てきたネオユニヴァースが父。
ネオユニヴァース
×
Marquetry
×
Mdaille d'Or
×
Victorian Era
×
Teddy Wrack
×
Alsab
前にネオユニヴァースとの配合はアメリカンなスピードが合う、と述べたがまさにその通りの配合。母父のマーケトリーは2代父がミスプロ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/601-0573145e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。