1. 無料アクセス解析

朝日杯FS 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
密かに「ショウナンタキオン級の核地雷であれ!」と思ってたセイウンワンダーに勝たれてしまうという、個人的に最悪の結果…毎年「コイツはないだろう」的な馬にヤられるいつものパターンである(鬱)
とは言え、道中は経済コースのインをひた走り、直線でも開いたと見るや最内を強襲するという、徹底してインに拘った岩田の騎乗には文句の付けようが無い。
セイウンワンダーは無敗のオマケ付きで朝日杯父子制覇となったわけだが、今後は順調に使えるかどうかが課題であろう。グラ産駒は3歳春に一頓挫ある馬が多い気がする。
フィフスペトルはいい感じで好位追走していたが、勝負所で捲って来た豊に被せられ、直線入り口では前が壁。坂を上がってからの伸び脚は際立っていただけに、実に勿体ないかった。
ブレイクランアウトは道中後方2番手。勝負所から捲ってフィフスペトルを封じ込め、好位に取り付いた時は「やられたかな?」とも思ったが…坂で最後の伸びが鈍った。東スポ杯に引き続き、またも物足りなさが残る内容。
半ば以上確信してるが、この馬のピークは持って3歳春までだろう。
やはりと言うべきか、負けて強しだったのはホッコータキオン。これまでとは違って、ハナに行けず4番手からの競馬。例年通りの澱みないペースで先行馬にはキツい展開だったが、唯一上位に踏ん張った。距離の壁はあるが、マイル路線なら暫くは崩れないだろう。
シェーンヴァルトはスタート後、暫くしてから勝春の馬に寄られて位置取りを下げる不利…これが全て。力負けではないだけに、来年の巻き返しを期待したい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/603-40fc08ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。