1. 無料アクセス解析

朝日杯FS 回顧 byトップガン∞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルマルジャパン、ゲットフルマークス、ミッキーパンプキンなど前に行く馬が多く、スタートしての速い流れはある程度予想通り。

勝ったセイウンワンダーは順調さを欠き3ヵ月半の休み明け、前走の新潟2歳のような大外一気の競馬では複勝圏内で終わりそうと思い、△評価だったが…お見事。状態が万全ならクラシックも面白い存在になるのでは。
そして新潟2歳からは一転して道中、直線と内を突いた岩田の見事な騎乗も功を奏した。グラスワンダー産駒、父子制覇。
ロベルト系は種牡馬になっても一気に駆け上がるか(苦笑)

フィフスペトルは道中の位置取りも悪くなく、ルメールは上手く乗ったと思うが、直線でブレイクランアウトに寄られたのと、内外の差で負けてしまった感じ。現状での力は充分に示せたと思う。

ブレイクランアウトは馬以上に鞍上がこのレースのみの騎乗で復帰というのに不安を感じて無印にしたが、道中の位置取りが後方…その分後半前へ取り付くのに脚を使ったのか、最後の伸び脚が鈍かった。個人的には元々1番人気になる程の馬ではないと思っていたので、こんなもんだろう、と。

本当は本命にしたかったが、外枠になってしまい▲に評価を下げたホッコータキオン。前の流れ次第で潰れる可能性もあると思ったが、しぶとく4着に。一番強さを見せたのはこの馬だと思う。これからも重賞戦線で上位に来そう。

シェーンヴァルトは消極的なレースだった感もあるが、中山は合ってない気がする。

エイシンタイガーは距離が長かったか。ブレイクランアウトと4コーナーを一緒に上がって行ったが、直線で余力が無かった。

ミッキーパンプキンはまだこれからの馬か。


タイム自体は、前半が速い流れになった割には最終的には平凡なタイム…時計のかかる馬場ではあったのだろう。

上位の数頭は来年も活躍出来るだろうが、ラジオNIKKEIの方がレベルが高かった…というのは充分にありそう。あの馬もいるし(苦笑)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/604-7d7c4c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。