1. 無料アクセス解析

中山金杯 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤフジはミヤビランベリをつついて澱み無い流れを作りながらも、そのまま押し切る強い内容。ハンデが気になり4番手の評価にとどめたが、やはり冬場は走る。
2着ヤマニンキングリーはペースが上がった2F目(10.9)でついて行けず、いつもより後ろの位置取りに。これが勝ち馬との明暗を分けたが、中山の坂をこなせたのは収穫。
ミヤビランベリは終始つつかれて厳しい競馬だったが、4角までに前に取り付いた馬が残りやすかったトラックバイアスに助けられたか。
オペラブラーボは勝負所でモタついたのが痛かったが、それにしても案外な内容。残念ながら底が見えたと言わざるを得ない。せいぜいGⅢ級か。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/615-343e53f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。