1. 無料アクセス解析

チチカステナンゴとは?

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイワスカーレットの交配相手として名前が挙がり、注目が集まったチチカステナンゴ(Chichicastenango)。
よく知らんって方も多いと思うので少し触れましょう。

1998年生まれ、仏
現役時は14戦4勝ながらリュパン賞、パリ大賞と二つのGIを制覇。
戦績が地味だった為か、種牡馬としてはさほど期待されていなかったが、2世代目で仏ダービー馬ウ゛ィジョンデタを輩出。
昨年、社台ファームが7億円で購入。
今年から種付け開始。
サンデーなき後、新しい血を進んで入れてきた社台の動きの一環として購入したのでしょう。
父はSmadun。
聞き覚えがあるような無いようなという方はその父のKaldunかもしれませんね。
以前マイルCSに来日したSpecialKaldunの母の父でした。
グレイソヴリン~カロ系は実は日本に適性が高く度々大物を出します。

配合は
Smadun
×
Antheus(ノーザンダンサー)
×
ファビュラスダンサー
×
ヴェイグリーノーブル
×
Reviewer(ボールドルーラー)
母がND2×3という強いクロスがありますがチチカステナンゴの子供となれば4×5まで落ち着くので配合の障害にはなり得ないでしょう。
NDを持つヘイルトゥリーズン系とも配合がしやすく、サンデーサイレンス×ノーザンテーストの優秀な牝馬を多数持つ社台にとっては最も有効な種牡馬かもしれません。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/625-521bef54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。