1. 無料アクセス解析

皐月賞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世には三強と言われているが果たして。
枠も極端な所に入り波乱ムードもチラホラ。
まずはロジユニヴァースから。
弥生賞というのは本番に直結しないことで有名だが例外がある。
過去弥生賞→皐月賞と連勝したのはアグネスタキオン、ディープインパクトの2頭。
共通するのは無敗だったという事。ロジユニヴァースもそれに続くはず。
これまでも自在性のあるところを見せており、紛れの起こり得る皐月賞で安定感を出せるだろう。
ただ最内を引いたのでほぼ行くしかなくなったか。出遅れると危うい。

打倒ロジユニヴァース最右翼と目されているのは、同じネオユニヴァース産駒のアンライバルドだろう。
外から3頭目を引いたので終始外を回らされる展開だと厳しいか。
半兄のフサイチコンコルドは3戦目でダービーを勝ち、ボーンキングは京成杯を勝った。
イメージよりも意外と早熟タイプの傾向を見せる牝系であり、春のクラシック期間が最適なのかもしれない。しかしながらまだ本馬は頼りなさが漂う。
ここよりもダービー、といった感じだろう。

リーチザクラウン。大外枠で逃げは常識的に不利。正直周りが騒ぎ立てすぎのような気もする。世代トップの一角と言えるまでの強さは見せていない様に思えるのだが。
加えてきさらぎ賞からの直行ローテは褒められたものではなく、鞍上も加味した人気からすると妙味は薄い。
今の中山の重い芝にも疑問が残る。軽い芝でキレを出すレースがあっていそうだ。

この布陣を崩すとしたら、一頓挫あった二頭だろう。
セイウンワンダーとナカヤマフェスタ。
セイウンワンダーは前走の負けっプリから大きく人気を落しそうだ。
前走も同じ舞台だけに大敗が懸念材料ではあるが敗因が太目残り、とはっきりしているのと、コース適正は朝日杯を見てもわかる通り十分走れるはずなので期待したい。
しかしながらグラスワンダーの上級産駒は広く直線の長い東京や新潟で活躍し、時として小回りや急坂で冴えない事もある。
2歳時のGIは能力だけで押し切ってしまうこともあるので上記の傾向に当て嵌まる可能性もある。
どちらなのか見極めるレースとなりそう。

中間、トモの疲れによる2度の出走見送り(弥生賞、スプリングS)があり、トライアルを使えなかった誤算はあるが、使い詰めだったこと、ポン駆けOKを考えると侮れないのがナカヤマフェスタだ。
同コースの京成杯は2着だったが、不利と落馬の影響。類い稀なる根性と鋭い決め手は一角を崩すどころか勢力図をひっくり返すかもしれない。
外をブン回すような競馬よりも内で我慢する方が良さそうで内枠を引きたい。
ステイゴールド産駒は格上げ初戦でも物おじせず穴を開ける傾向がある。
また、先述の京成杯は不出世レースであり、そこで2着というのも実は運の強さかもしれない。
ポン駆けOKな駒であっても一月からの直行はデータ的には不利。


◎ロジユニヴァース
○ナカヤマフェスタ
▲セイウンワンダー
△アンライバルド
スポンサーサイト
この記事へのコメント
やっと更新してくれた(^^)

おいらは調教派なんでそっちからの狙いを書いてみる。
ロジユニは絶好調。
アンライバルドは炎の十番勝負で指名したから応援したいけどあの調教じゃダメ。
リーチザクラウンも臨戦過程が悪いと仕上がらないみたい。

意外な馬はセイウンワンダーだね。
ここで好勝負してNHKマイルに向かってもらいたい。
2009/04/18(土) 16:20 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/633-6a13774d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。