1. 無料アクセス解析

天皇賞・春 展望 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞・春
◎アルナスライン
○ヒカルカザブエ
▲アサクサキングス
△マイネルキッツ
△ホクトスルタン


なんつーか…とにかくモチベーションが上がって来ない。核と呼べるトップレベルが不在、「コイツで一発狙う!」と思える馬も不在。これ程、購買意欲の湧かない天皇賞は初めてだ。
一応、印は打ったが全く当たる自信無し(笑)レートは必要最低限に抑えとく。


順調であれば、ホクトスルタンの4代天皇賞制覇に夢を託してたが…良化して来たとはいえ、劇的と呼べる程ではない。プリキュアの存在も気掛かりだし、贔屓目に見ても△が精一杯。
消去法なら、減点材料の無いアサクサ軸で大丈夫と思ったが…最終追い切りが軽過ぎる。速い追い切りは一週前にやってるが、臨戦態勢に一抹の不安。


ドリームジャーニーは大阪杯回顧で触れたようにGⅠでは宝塚以外は用無し。スクリーンヒーローは長距離適性に疑問が残る。
ジャガーメイルは昨年末以来のぶっつけが気になるし、モンテクリスエスは脚質的に合ってそうだが、根本的に実力不足。


…とまぁ、なんだかんだで迷った挙げ句、本命はアルナスライン。
重賞で人気の蛯名を軸にするなど自殺行為もイイとこだが、追い切りの動き・大して役に立たなかったチークを外すという事で鞍上には目を瞑る事にする。
ESP発動で最初から流れに乗れずじまいで終了という確率が一番高いが、そこさえクリア出来れば大丈夫だろう。

一発ありそうなのは揉まれずに競馬が出来そうなヒカルカザブエと、距離克服の条件付きだが相手なりに走るマイネルキッツか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
アルナスラインは基本的に中山・阪神の急坂では用なしだと思っていたけど案の定の京都コースでの激走。
今回の仕上がりなら急坂でも克服していたかも。

スクリーンヒーローは距離適性にあいまって右回りもあわないと思っています。
右回りの栗東DWでの調教で必ず見せる手前を替える際のぎこちなさ。
JCから中4週でまず調子落ちはないだろう時期にあの結果なら納得してもらえるかと思います。
2009/05/04(月) 16:06 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/636-710645d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。