1. 無料アクセス解析

オークス 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の芝は今週も先行・内有利。更に、小雨が降った事で先週以上に力が要る馬場に変容。そして、例年通りのスロー上がり勝負。
普通、4コーナーで後方3、4番手、更に大外にブン回した馬なんぞ絶対に届かないパターンである。
なのに、ブエナビスタは33.6の末脚を繰り出して差し切った。鞭が入る度に加速していく末脚は異次元…というか変態?(笑)
なんともはや、とんでもない怪物である。マイナス8キロで少し細く見えたが、全然問題なかったか。
秋は凱旋門賞に挑戦するプランもあるそうな。普通なら後方一気が通用するレースではないんだが、昨年のザルカヴァ、一昔前のダンシングブレーヴみたいな例もある。ブエナビスタがここでも変態じみた末脚を使えるのか、非常に楽しみである…つーか、もう後方一気しか出来ないだろうし。


レッドディザイアはまたしても怪物の前に苦杯を舐める結果に終わった。
内枠を引いた事もあってか、桜花賞とは違って中団のインを追走。4コーナーから仕掛けに入り、直線半ばでポッカリ開いたスペースを突いて一気に先頭に踊り出た時は「雪辱か!?」と思ったが…本当、同世代の悲劇としか言い様がない。
基本的に勝負事に淡泊な四位は嫌いなタイプの騎手である。しかし、オークスに関してはケチの付けようがない好騎乗だった。負けたとはいえ、やれば出来るじゃないか。
ジェルミナルは阪神JFとチューリップ賞のだらしなさから、一段低い評価しかしてなかったが…ちょっと舐め過ぎたかなぁと反省。
上位2頭とは明らかな力量差はあるが、世代上位の力を持ってる。


ブロードストリートは輸送による馬体減が心配されたが増減無し。この馬が得意とする瞬発力勝負になったが、直線入り口でハシッテホシーノに被せられて前が詰まったのが痛かった。秋の成長に期待したい。
ディアジーナは瞬発力勝負になればあんなものだろう。もう少し雨が降ってれば結果は違ったかもしれんが。


デリキットピースは馬体を戻したが、今日はテンションが高かった。今回はキャリアの差が出たが、この馬も秋以降の成長に期待。
ダノンベルベールは気配は良かったが、馬体が戻らなかった。あと、やはり距離が長かったか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/645-3dcfad98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。