1. 無料アクセス解析

オークス 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブエナビスタの敗退シナリオを書くにはまさに重箱の隅を突くしかなかったか──そんな気分にさせられたオークス。

ビワハイジはアドマイヤジャパンを転機に能力を子供に伝えるようになり一気に名繁殖牝馬の地位を築いた。
一歩足りない印象もあったが今回のスペシャルウィークとの配合で判ったポイントは代を経たニジンスキーを内包する種牡馬との配合でクロスを作り増幅すること。


桜花賞でブエナビスタをあわやのところまで追い詰めたレッドディザイアが少差2着。
キャリアが浅いだけに桜花賞から一歩前進、早めの抜け出しでブエナビスタを追い詰めた。
こちらはマンハッタンカフェ(SS×ロウソサエティ)とカーリアンの配合その上がサドラーズウェルズと欧州向きだ。

三着以下は着差以上に水を開けられた感じ。
ちなみに1~3着が桜花賞と同じだったのは同厩舎の先輩、ベガの2冠達成以来。

秋はブエナビスタの凱旋門賞挑戦が実現すればレッドディザイアの独壇場か。
夏シリーズで古馬を打ち負かして連勝するような馬が出てくれば相手として一考。デリキットピースも楽しみだ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/647-5555c62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。