1. 無料アクセス解析

日本ダービー 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現地観戦して来ました(`・ω・)
当日は朝からの雨模様でしたが力が素直に反映され堅い馬券が続きました。
一変したのは昼時の豪雨。
あれをきっかけに一気に荒れた馬券の連発となりました。

元々、重を苦にしないネオユニヴァース産駒ではありますが、アンライバルドが惨敗。大外枠を引いた時点でかなり苦しかったんでしょう。
重適性は両極端なのかもしれません。
ロジユニヴァースは内伸びの馬場で最内枠と絶好の枠。加えてポジション取りもしやすい脚質。皐月賞の惨敗は馬体減とみて度外視するのが正解でした。
何度も言うようにネオユニヴァース産駒の配合の肝はスピード血脈を入れること。
DanzigやMr.prospectorなどは今回のような馬場にも適性が有り結果としては頷けるものでした。
タイム的にはかなり遅いですがこれを理由に以後古馬戦線などで人気が下がるようであれば買いたい一頭になります。
しかし、成長力には疑問も有ります。

リーチザクラウンはNHKマイルCのジョーカプチーノがした競馬をそのままトレースしたような感じでした。
ラチに寄ってしまうせいで勝負所で空けたラチ沿いかわロジユニヴァースに差されましたが、力は出し切っています。豊-臼田でしかもスペシャルウィーク産駒とお膳立ては揃っていましたが、ダンスの呪い(笑)か橋口調教師がスパイスになっていたようです(;・ω・)

アントニオバローズは相当な良血馬ですが経験が少なく敬遠され気味の8番人気。
こういったイレギュラーに近い馬場で結果が出せたことはこの先の良い経験になります。鞍上の角田は8年ぶりのダービー騎乗でしたがやはり大舞台に強いジョッキー。乗鞍さえ確保できればリーディングも争えると思うのですが‥やはり先生に寵愛されすぎたのが響いてるんですかね?

我が裏の本命ナカヤマフェスタは残念ながら小差で馬券に絡めず。左回りでは右回りと別の馬のようになりますね。
皐月賞はトライアルを回避した影響もあり着順的には惨敗でしたが先行総崩れの中頑張りました。ダービーでは一転して後方から進めこれまた追い込み不発の中、伸びない外を回ってメンバー最速タイの上がり(39.0)を発揮。
適性から考えると菊へは向かわず毎日王冠から秋天というローテーションになるんでしょうかね?
もしそうなら内枠を引いた場合、是非頭で買いたいと思います。
(セントライト記念から菊花賞濃厚‥)

皐月賞上位とダービー上位はそのまま入れ代わったような結果。これで向いている流れ、そうでない流れの判別が出来そうですね。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/651-54002790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。