1. 無料アクセス解析

どうなるロージズインメイ

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のマイネル軍団は有力牝馬に殆どと言っていいほどロージズインメイをつけています。
地方では既にロージズが勝ち上がり、JRAでもマイネアロマがダノンアンチョ、ダイワバーバリアンと評判馬を向こうに回しての逃げ切り完勝。
POGでの選び方にムタファーウェクの幻影を見てしまい敬遠しましたが、滑り出しはまずまずでしょう。

マイネアロマの配合は
ロージズインメイ
×
トニービン
×
トウショウボーイ
×
サンシー
×
レリック
母系は華麗なる一族、イットー直系で祖母はダイイチルビー。
ビッグレッドファームでも大切にされている血統でしょう。
ロージズインメイはDevil'sBag系なので母父トニービンとは相性がいいのは頷けます。

ロージズの配合は
ロージズインメイ
×
ロベルト
×
グロースターク
×
Hasty Road(Roman)
×
Eight Thirty
こちらは打って変わって母が外国産。
Hail to Reasonの5×3クロスですかね。
グロースタークの骨っぽさ、Roman系の力強さもいい形で出ていそうですね。
ざっと見た感じでは二頭に共通点は無いように見えます。

ロージズインメイ自身の配合を見てみると割と近いところにプリンスキロを持っており、父は少し遠いですがロイヤルチャージャーがあります。
プリンスキロ×ロイヤルチャージャー(≒ナスルーラ)は産駒に柔軟性を与えます。母に少し薄目のナスルーラ、ロイヤルチャージャーが相性の良い配合になりそう。
しかし濃くなりすぎると緩慢でスピードの乗りが遅い産駒も出ますので伸びやかなフォームで走れるような配合のバランスを取るべきでしょう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/658-08e38e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。