1. 無料アクセス解析

札幌2歳S 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝ったサンディエゴシチーは1~2コーナーで行きたがる場面があったが、インの3番手で我慢させる事に成功。
4コーナーで逃げ馬がバテて、前がガラ空きになるラッキーな面はあったが、今回は追われてからもしっかり伸びていた。
走るマンカフェ産駒の血統上の特徴であるミスプロの血を3代目に持つ。大物感は感じられないが、トライアルまでなら崩れにくいか。


モズは好スタートを切ったが、内のブルーソックスがハナを主張したので番手からの競馬。
3コーナー過ぎで気を抜く場面があったが、吉田稔が気合いを付けて先頭に。コーナーワークの下手さが災いして勝ち馬に内を掬われたが、2着は確保。
まだまだ改善の余地ありだが、文字通り能力だけで勝った初戦より進展が見られたのは収穫。ただ、距離は2000辺りが限界だろう。


アーバンウィナーはスタートが良くなく最後方からの競馬。4コーナーで中団に取り付き、直線では並んで追い込んだダノンパッションを競り落とした。
ロスの多い競馬だったが、予想以上に切れる脚を使える。乱戦になれば出番ありそう。


ダノンパッションは如何にも飛びそうなパターンで期待通り(?)に飛んだ。見た感じ、小回り&洋芝は合っていないが、根本的に力不足。
ロードシップは勝負所でモズに並び掛けたが、直線は全く追われず。尤も、ソエが出てるという情報もあり、この辺りは無理をしなかったと見做すべきか。
しかしまぁ、色々と吹きまくった松岡は赤っ恥にも程がある。弱メン揃いの福島でちょっと強い勝ち方をした程度で吹かないでもらいたいものだ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/662-ee205b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。