1. 無料アクセス解析

新潟2歳S 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はサンディエゴシチーが勝利した札幌2歳S,新潟2歳S,小倉2歳Sと三馬場で2歳Sが開催です。
年々注目度が上がっているのはこの新潟2歳Sではないでしょうか?
このレースの肝はまず
・1400m以上での勝ち星がある。
・新潟経験がある。
・決め手がある。
が大まかに見た傾向です。

またOPのダリア賞からの転戦は好ましいステップですが今年はダリア賞自体のレベルに疑問符がつきます。
もうひとつ加えるとすればレース振りの成長でしょう。
実戦で窮屈なところから伸びて勝っている馬や併せ馬でしっかりとした調教がなされていることが大事になってきます。

過去5年、前走の距離別ですと
1200m[0,1,0]
1400m[3,2,3]
(ダリア賞経由[1,1,2])
1600m[2,2,1]
1800m[0,0,1]
となっています。
先述のとおりダリア賞のレベルが低いものだったとすると1400mは[2,1,1]と考えてもよいかもしれません。

本命は上記のデータとはちょっと外れますが
◎サウンドバラッド
初戦はぶつけられたり振られたりとスムーズさを欠きながらも3F33.9の脚を使い3着を確保。
次戦の前走では好位を追走、1800mできっちりと抜け出しました。
シングスピール×デインヒルで荒れた馬場にも、そして新潟の馬場にも合いそうです。
マイラーとしての資質が高そうです。

ラフィアンの岡田総帥が期待をかける
○ギュンター
開催が進んで荒れてきた馬場での3F34.1は十分な決め手と見えます。
新馬戦では好スタートから3番手で控え直線抜け出して圧勝。
抜け出すのにふらふらと手間取ったのはご愛嬌、今週の追い切りで併せ馬もしてますし問題ないでしょう。

例年のダリア賞に近いラップを刻んだ未勝利戦を勝ちきったのが
▲ハーティンハート
サクラバクシンオー産駒ですが前走を見る限りは番手に控えれば十分やれそうです。
ただ、控えた割に上がりが遅いのが気になりますけどね。

ほか決めて鋭い
△シンメイフジ
△シルクフィーリング
△コスモセンサー
まで押さえます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/663-5c52beae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。