1. 無料アクセス解析

スプリンターズS 展望 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の影響がどれくらい残るか今一つ読めないが、多少渋っても7秒台後半の決着になるだろう。持ち時計がない馬は厳しいと思う。


とはいえ、出走馬の中で持ち時計がある馬は休み明け、中山の急坂や渋った馬場に不安、能力のピークを過ぎたetc.…といったマイナス要素を持ってる点を考慮する必要があるだろう。


最終決断
◎グランプリエンゼル
○ビービーガルダン
▲マルカフェニックス
△アルティマトゥーレ


グランプリエンゼルは1200mの持ち時計は無いが、NHKマイルは1.33.0の走破時計。ある程度速い決着にも対応出来る筈。多少渋った馬場にも対応出来るし、最終追い切りで抜群の動きを披露。意外に人気になってるのは予想外だったが、単複厚めで。
ビービーガルダンは野芝への対応が鍵だが、前半3Fが速くなりやすい中山は合っている。一番時計を叩き出したように体調も万全。安定感ならこの馬か。
マルカフェニックスは秋口から晩秋にかけて成績を上げてくる。坂がある阪神で結果を出してるし、7秒台後半の持ち時計もある。スタートで流れに乗れれば。
アルティマトゥーレはセントウルSからの時計が1本、しかも軽めという調教の軽さが引っ掛かる。人気程の信頼は置けないが、無印にするまでではない。


シーニックブラストは初の右回り、追い込み脚質が不安材料だし、騎手は代打で日本初騎乗。
ここは明らかに香港の叩き台目的…スリープレスナイトのリタイアでメンバーのレベルが微妙になったとはいえ、こんな外国馬に勝って欲しくない。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/668-3ab1c8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。