1. 無料アクセス解析

菊花賞 展望 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊花賞
◎ナカヤマフェスタ
○イコピコ
▲アドマイヤメジャー
△シェーンヴァルト
△ヤマニンウイスカー
△スリーロールス


ナカヤマフェスタの総合力の高さに期待。
リーチザクラウンが作るであろう消耗戦に強いのは前走で証明済み。まともに走れるか不安だった調教も上手くやれた。大舞台で怯まない血統も魅力。
不安は初の長距離輸送とESP。基本的に蛯名は軸で買いたくないが、それ以上の魅力がこの馬にある。単複厚めで勝負。


神戸新聞杯で春の既成勢力を一蹴したイコピコは3000の長丁場でも最大の武器である決め手が使えるかが鍵だが、追い切りを見る限り、状態面に全く不安はない。
セントライト記念は案外だったアドマイヤメジャーだが、原因はスタートで出遅れて押し上げた際に折り合いを欠いた事。
2走前で完璧に乗った川田に変わるのはプラス。上手く流れに乗れれば。


シェーンヴァルトはダービーから「ファストタテヤマの再来かも」と狙ってた馬。これで北村友が間に合っていたらなぁ…
ヤマニンウイスカーは最終追い切りに「?」が付くが、長距離志向の強い血統と菊花賞とは相性が良い鞍上が魅力。まともに走れば最も怖い存在。
スリーロールスは血統構成から予想以上に人気してるが、出来自体はかなり良い。立ち回り一つで。


アンライバルドは折り合い面から長距離適性に疑問符が付くし、一瞬しか使えない爆発力は京都外回り向きではない。
リーチザクラウンはレース当日にならんと分からんテンションの高さが課題。自分でレースを作る=目標にされるという不安も。キーマンはポルカマズルカに乗るノリだろう(ポルカマズルカ自身の能力はGⅠでは足りてない)
セイウンワンダーは体型的に菊花賞は長過ぎる。アントニオバローズはノドの状態がなんとも微妙な状況。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/677-20f4de77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。