1. 無料アクセス解析

天皇賞秋 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最大の焦点はやはりウオッカの連覇だろう。
専門誌などを見ると昨年よりも楽に逃げたが最後さされた、昨年よりは出来が・・・
という活字を目にしたが当方の見解は、流れが厳しいレースでこそウオッカが力を発揮する舞台、と考える。
また、東京の2000メートルは多頭数になれば必然的に流れが速くなる。
本命にするかはおいておいて、対抗以下へは下げられまい。


本命に推すのは
◎スクリーンヒーロー
2番枠を引いたのは幸運。
ルメールが怪我のために間に合わないという誤算はあったが最近は安定感のある北村宏。
本質的な距離は短いかもしれないが今回はブリンカー装着で気合も入る。

対抗は先述のように○ウオッカ
前走の負けは予想通りだが確かにピークが過ぎているかもしれない。
しかしメンバー的にはすでに勝負付けが済んでいる馬も多く大崩はないだろう。

単穴は目下絶好調といえる
▲シンゲン
東京コースは8戦6勝、負けた二戦は故障と東京の鬼。
6歳のという馬齢だけが引っかかるが5歳末までに11戦しかしていない。
まだまだ馬は若いだろう。
前走も2キロ差といえど格上の実績馬ドリームジャーニー相手に同タイムの決着。
今回は同斤量となるが補って余りある状態のよさ、コース適性から見て問題あるまい。

紐には
△スマイルジャックを推す。
春クラシック時期に活躍した馬のほうが良積を残しやすい。
この馬も東京コースは0223と決して苦手ではない。
また流れが速くなればマイラーとしての気性を持つ本馬には願ってもない。
先日も記述したとおり潜在的なスタミナとしては中距離馬のもの、折り合えば走りきる。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
この予想なら丸乗りしてもいいくらいだけど、カンパニーが評価されていないんだよね。
って、レースの後に書いても説得力がないかも知れないけどうちのブログの調教分析を見てもらえればその価値は・・ないかな?
2009/11/01(日) 16:59 | URL | DAI #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/684-d5cbaee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。