1. 無料アクセス解析

エリザベス女王杯 展望 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜の雨がどうかと思っていたが、どうやら良馬場までに回復しそう。大した影響はなさそうだ。


◎ブエナビスタ
○リトルアマポーラ
▲ブロードストリート
△ジェルミナル
△ミクロコスモス
△シャラナヤ


予想通り一本被りの人気になったが、今回はブエナビスタで問題無しだろう。
ここ2走の結果で明らかになったように、内回りからのびのび走れる外回りの外枠に替わったのはプラス。追い切りの動きは前走より明らかに良い。レッドディザイア不在のここは負けられない。


リトルアマポーラは時計の出るポリトラックで追われたが、シャープな動きを披露。休み明けだった前走からの良化を感じさせた。
何より、スミヨンを確保したのは大きい。先週のジャガーメイルは不本意な結果に終わったが、きっちり日本の競馬に対応している。


ブロードストリートは外回りに替わっても前2走の決め手が使えるかが鍵。状態面に関しては引き続き良好を維持。不安は短距離指向が強い母系の血統面。


ジェルミナルは「希望通りの枠を引き当てた」という陣営にもう一度騙されてみる。成長力に疑問が付くが、追い切りの動き自体は悪くない。ロスなく立ち回れば。
シャラナヤはルメール効果で過剰人気気味。レーティングは高いが、オペラ賞は同性の強豪が凱旋門賞に回ったという点を考慮すべき。ただ、コンパクトな体の作りは日本の馬場への適性を感じさせる。
ミクロコスモスは折り合い次第という条件付きだが、この馬も外回りは歓迎のクチ。あと、土曜はインべったりで2勝を挙げた豊が不気味。京都でイン突きに拘れば、まだまだ巧さを発揮出来る事を証明。


カワカミプリンセスは既にピークを過ぎた。正攻法で勝ち負けに持ち込むのは難しいだろう。
ただ、大阪杯みたく後方ポツンをやるなら話は別だ(プリキュアとスプマンテがいるので逃げは恐らくない筈)
ブエナ軸で行く以上、手を回せないが、或る意味一番怖いのはこの馬だ。


ムードインディゴは前走は展開がハマっただけ。出来自体は良く見えるので、掲示板には載るかもしれんが…ノリとは違い、勝春には全く怖さを感じない。
メイショウベルーガは確かに京都外回り向きの脚を持ってるが、条件戦上がりからでは手が出しづらい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/689-f91251f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。