1. 無料アクセス解析

秋華賞展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牝馬クラシック最後の一冠、秋華賞
おそらくクラシックの中で一番荒れるのではないかと思われる歴史を持つレース。
ここ4年は一番人気が頑張り、そこそこの荒れで収まっているがひとたび狂えば大波乱!が待っているのである。

今年は残念ながら荒れそうな気配がない。
というのも春の勢力がローズステークスを制するとそのままここも、、という話が濃厚になるからだ。
こと、ここと相性のいい桜花賞馬はカナリの信頼が置ける存在。
おそらく1,2番人気であるラインクラフトは普通の馬券師だったら軸、本命視だろう。
昨年、スイープトウショウがここを制したこともあり、父の距離適性は守備範囲、と言う見解を示すことが多いが果たしてどうだろう??
母の父がトウショウボーイからサンデーサイレンスに変わり少なくともスタミナの面で有利になることはないだろうと思う。
前走で距離に目処を立てたがはたして・・・・。
評価的には単穴。

続いてコチラも人気になりそうなエアメサイア
この馬、血統に決定的な弱点がある。
SS産駒としてのジンクス(?)だがデータとして出ている。
SS産駒で母父がノーザンダンサー、Mr.Pro系がこないのである。
しかも本馬はクラシックで1勝しかイナイ配合のSS×NT。
ダイワメジャーが唯一だが距離適性のハッキリしない3歳牡馬で2000㍍まで、古馬になればハッキリする距離適性もマイラー~スプリンターである。
オークスで好走はしたが牝馬で2000㍍は疑問。

逆に相性のいい血統は?というとブライアンズタイム、いやロベルトの血を持つ馬だ。
今回は有望株一頭くらいしか見当たらない。
波乱の主役を演じる条件は夏に古馬相手に1000万下を勝ち上がること。
該当するのはニシノナースコール、もちろん父はブライアンズタイムだ。
切れより伸びを重視したいが本馬は切れ馬。
それでも不安要素は少なく本命としたい。

復活にかけるショウナンパントルにも注目。
SS×サドラーズウェルズ(系)ではエルノヴァが居りまだまだ活躍は見込める。
しかしSS×NDで減点せざるをえない。

さて、エアデジャブーのリベンジ、悲願がエアメサイアなら同じくGI制覇を悲願としたフサイチエアデールの存在も忘れてはいけない。
ライラプス、配合からの距離不安はあるが、父、母父ともにギリギリ守備範囲に入るともいえる。
対抗に押すには少し物足りないがデビューからずっと応援してることもあり対抗としたい。
後は明日の馬場状態である。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/69-0a791283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。