1. 無料アクセス解析

ジャパンカップダート 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神1800mに変更されて2年目。
ただでさえ傾向が掴みきれない上に、世代間の力量が測りにくい、更に砂厚が9cmと深くなった。

予想されるのは強力な先行メンバーが揃い、先行激化。
砂厚変更によりパワー重視、上がりのかかる競馬になりそう。
後方待機にバイアスが傾く。

◎メイショウトウコン
昨年のこのレースで阪神1800は初経験にもかかわらずカネヒキリに迫る2着。
札幌ダートで鬼脚を使っていただけに捲り一発に賭ける。

○ラヴェリータ
元来先行馬だったが、前走の武蔵野Sでは出遅れて36.2の上がり。
ダートは[5.0.1.1]で負けた時も敗因がはっきりしている。

▲ヴァーミリアン
今年に入って競馬がわかってきた、と石坂先生の談。
ゲートもずいぶんうまくなった。
先行脚質の分、分は悪いが豊次第でどうにでもしてくる可能性がある。

△シルクメビウス
高速決着にも対応可能な時計的万能差し馬。
小粒とはいえ前走のOP戦で0.8秒のぶっちぎり。
田中博は決め打ちしやすい馬で良績が光る。

△ワンダーアキュート
△ワンダースピード
この兄弟はここのところ馬体が減りつづけているので増えている方を買う。
★ダイショウジェット
好走しても人気にならないちょっと不幸な馬。


オマケ ターコイズS
◎ホクトグレイン
○ヤマニンメルベイユ
▲シャランジュ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/698-d75bbac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。