1. 無料アクセス解析

阪神JF 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ったアパパネは大外枠に加えてゲート入りをゴネるアクシデント。スタートして暫くは掛かり気味だったが、3コーナーの入り口で宥めさせる事に成功。
4コーナーで外に膨れかけたが、それを押さえ込んでポッカリ空いた内を突いた蛯名はお見事である。
キンカメ産駒はこれが初GⅠ勝ち。春は長距離砲を備えたネオユニに遅れを取ってたが、秋に入って猛チャージ。この2頭の種牡馬成績は好対照で実に面白い。


法則を崩壊させたのはアニメイトバイオ。内の先行馬を見ながら好位で脚を溜め、アパパネには一瞬で交わされたものの、そこから最後までしぶとく食い下がった。
1400mを連続して使ってた馬は消しという法則は来年から【但し、マイル戦に勝ち鞍がある馬は例外とする】という補則が付け加えられるだろう。


ベストクルーズは二の足が付かずに後方からの競馬。これまでとは違う競馬になったが、1、2着馬の背後から脚を伸ばした。詰めは甘いが、やはり実戦では堅実に走る。
ラナンキュラスは良馬場に回復したとはいえ、雨の影響が残ってた馬場にノメっていたが直線でしぶとく盛り返した。上位馬とは現時点での完成度に差があった感じ。


シンメイフジはスタートで出遅れて終了。判っていながら買った俺も見る目ないが、今の岩田は漬物石以外の何者でもない。
タガノエリザベートは直線一気に全てを賭けたが、1~4着とは直線でのコース取りの差がモロに出た。それと、思ったよりペースが遅かったのも誤算。


期待してたタガノパルムドールはほぼ仕上がってたデビュー戦から8キロ減で明らかに細かった。これは明らかに調整ミスだろう。


最後に…GⅠに騎乗する度に何かやらかす三浦について触れとく。
好スタートから逃げるのは別に構わん。しかし、4コーナーで外に膨らみ、後続に玉突き事故を食らわせただけならいざ知らず、それを全て馬のせいにするかのような言い訳は如何なものか。
いつから小倉は左回りになったのか聞きたいところ。つーか、そういうクセのある馬を御するのが騎手の仕事だろうが。寝言は寝てからほざいてろ。
似たような状況から上手く押さえ込んだ蛯名とは実に対照的。昨年の快進撃は騎手人生全ての運を使った狂い咲きではなかろうかとつくづく。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/702-1576ed4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。