1. 無料アクセス解析

朝日杯FS 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズキングダム、無敗の3連勝で2歳王者へ。重賞戦線を賑わせながら、あと一歩でGⅠに届かなかった薔薇一族から遂にGⅠ馬が誕生した。
この馬の利点は一族特有の決め手と自在に立ち回れる機動力を合わせ持ってる事。そして、それはトリッキーな中山マイルでも如何なく発揮された。
坂でエイシンアポロンを交わした後は手綱を抑える着差以上の完勝。完成度では抜けていると思ってたが、予想以上に奥が深そう。順調なら、来年のクラシックの主役を張れる。


エイシンアポロンを見てると「二度ある事は…」の言葉がしっくりくる。これ程運が無い馬はなかなかいない。
好スタートから先行馬を見ながらレースを進められる絶好位を取り、ペースが緩んだところで先行グループに取り付き、直線は満を持して抜け出す完璧な騎乗だったが…同世代の不運、ここに極まれりだ。


3、4着は内枠からロスなく立ち回れたダイワバーバリアンとガルボ。ソツなく乗ったと思うが、上位2頭とは現時点での完成度の差が出たか。
タラレバだが、ニシノメイゲツは内枠を引いていれば3着には来れたかも。北村宏も出していったが、やはり大外枠から好位を取るのは厳しかったようだ。力まずに走れたのに勿体ない。


トーセンファントムも外枠に泣いた。前に壁を作れず、掛かって終わり。しかも、どうやら故障したらしい。一瞬の脚ならローズキングダム以上と思っていただけに残念。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/704-e2e11018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。