1. 無料アクセス解析

有馬記念 回顧 byイシュト

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わり良ければ全て良し。ドリームジャーニーが見事に春秋のグランプリ制覇を飾った。


スタートで出遅れたものの、元々後方から競馬をする馬なので特に問題なし。道中、故障したスリーロールスに接触する不利はあったが、被害を最小限に食い止めた。ここが一番のヤマ場だったと思う。
勝負所から抜群のコーナーワークで進出を開始し、4コーナーでは先団グループを射程圏に。坂で先に抜け出したブエナビスタを差し切った。
池添にとっては会心の騎乗だったのだろう。何度もガッツポーズを繰り返し、引き上げて来た時は大号泣。基本的に池添の大はしゃぎは好きではないが、今回に限れば生暖かく見守った(笑)出遅れ以外は完璧だった。


結果論になるが、ブエナビスタは正攻法の競馬が裏目に出てしまい、またしても負けて強しの結果に。淀みない流れになるとは思っていたが、まさかあれほど速くなるとは思わなかった。
とはいえ、これまでとは違った好位からの競馬でも全く問題なかった。これは、この馬のこれからの競走生活を占うという観点からは、非常に意義がある一戦だったと思う。来年の更なる飛躍を期待。


エアシェイディは昨年と同じく後方から追い込む競馬で3着。ペースが向いたのも味方したが、やはり中山では崩れない。
一番の収穫(?)は好調のバロメーターである小便をしなくても好走出来た事か(笑)今後も中距離の重賞では要注意な存在。


フォゲッタブルは大外が災いして好位を取れなかったのが痛かった。勝負所からマツリダゴッホの後を追う形でスパートしたが、ドリジャとブエナ相手に勝ち切れるだけの切れ味と持続力が足りなかった。
ただ、ルメールが強気に乗り過ぎたきらいはあるが、ステイヤーとしての能力の高さは示せた。順調なら来年の天皇賞は主役を張れる。


マイネルキッツは直線に入ってからフォームがグダグダになったが、これまでのGⅠでの体たらく騎乗を考えれば、三浦にしてはうまく乗った部類。
とはいえ、三浦でなく松岡だったら3着争いまで加われただろう。出来は良かっただけに残念。


セイウンワンダーは内を突いて勝ちに行く競馬をしたが、坂で力尽きた。こういう藤田の攻撃的騎乗は見てて気持ち良いが、今回はそれが災いしたかも。
あと、やっぱりこの馬との馬券的相性の悪さを再確認。本当、切ったら来るし買えば来ない(苦笑)


マツリダゴッホは勝負所からひと捲りして場内を沸かせたが、見せ場はそこまで。プラス体重が示していたように、馬体の張りが全盛期のそれになかった。


穴で期待したミヤビランベリだったが、前半の流れが余りにも速過ぎた。平均ペースから徐々にラップをつり上げる、この馬得意の形に持ち込めなかったのが全て。


リーチザクラウンは馬体重こそかろうじてプラスだったが、レースに行って燃え過ぎる気性が改善されないと長丁場では厳しい。来年はマイル路線で活路を見いだしたい。


アンライバルドは1周の3コーナーで派手に頭を上げて終了。折り合いの難しさと、内に入ると揉まれ弱い弱点を暴露しただけの一戦だった。


スリーロールスは最終追いのヌルさから、ここは厳しいと思っていたが、向こう正面で故障発生。一命は取り留めたようだが、再起不能らしい。
有馬は買わなかったが、来年以降は浜中とのコンビで飛躍を期待してた馬だけに実に残念。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/711-276719cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。