1. 無料アクセス解析

宝塚記念

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、いよいよ春の総決算、宝塚記念。
しかし総決算というよりはむしろ始動戦といった駒もいる。

ゼンノロブロイ。
ここを始動戦に選んだわけは当然海外GI制覇の足掛けだろう。
一昨年、ぶっつけで負けたシンボリクリスエス。
それと同じような轍を踏む気がしてならない。
『シンボリクリスエスの例ががあるから、今回は安心だろう。藤沢さんだからね』
なんて脳天気な声が聞こえるが、藤沢和雄師を本当に信頼する人ならばこう見るだろう。
『仕上げはあくまで海外目標、馬にあわせて仕上げていくので信用出来ない』
私もこれが正解と見る。

しかし、ゼンノロブロイがたとえ万全の仕上げで出てきたとしても、タップダンスシチーには敵わないだろう。
何故ならアレだけ自在性のある馬が相手を選ぶのであれば、簡単に末脚のみの馬などつぶせるからだ。
好位追走型を振り切るのも得意だし、後方一気の馬に道中で脚を使わせることも得意。
昨年の有馬記念も使ってきていたロブロイに対して、帰国直後で仕上げられなかったタップの差が1/2馬身差。
ロブロイに騎乗したペリエも
『捕まえられるかどうかギリギリだった』
とのコメント。

距離短縮はロブロイにとって有利に見えるが阪神2200は縁起が悪い。
今回はロブロイを無印とする。

ビッグゴールドが遂に伏兵の域を脱してきた。
ブライアンズタイムの上級馬の特徴として、死んだ振り→大レースで好走、穴炸裂、のパターンがありこの馬はまさにそれ。
叩き良化型であり今回のローテーションも期待だ。
対抗はこの馬か。

後は小粒。
サンライズペガサスが若干上位か。
ヴィータローザは小牧が不安要素。
状態が完全なら好勝負できるがさすがに今回はまだ。。。のボーンキング。
シルクフェイマスも昨年のような勢いはなく疑問。

馬券的には完全に一点勝負でいいかな。

ここを勝って再び凱旋門賞に挑戦して欲しい。
ロブロイはおそらく負けてもイギリス遠征。
下馬評どおりの一騎打ちになる可能性は残念ながら低いだろう。
タップダンスシチー圧勝、の見出しが有力。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/8-e77f28a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。