1. 無料アクセス解析

ジャパンカップ選出馬

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャパンカップ招待馬
今年はハイレベルな一戦になりそうな予感。



まずは04年凱旋門賞馬で今シーズンで引退後、日本で種牡馬入りが確定している
バゴ(Bago)



InterNationalSで日本代表を差し切ったエレクトロキューショニスト(Electrocutionist)



7歳だがまだまだ力の衰えはなく、更に勲章を提げてリベンジを願うウォーサン(Warrsan)。



エクリプスS(ecripsS)で無敗のダービー馬モティベーター(Motivater)を敗り、アイルランド
チャンピオンSでも同馬を撃破しての勝利、大活躍のシーズンを過ごした3歳馬オラトリオ。



昨年のBCターフの霸者、ベタートークナウ(BetterTalkNow)



五戦して無敗、ターフクラシックS勝ったのシェイクスピア(shakespeare)
厩舎の先輩にファルブラヴがいるアルカセット(Alkaased)



一方、牝馬も凄いラインナップ。



牝馬ながら昨年、欧州の年度代表馬の栄誉を受けたウィジャボード(Ouija board)。



昨シーズンは惜敗が続いていたが、ドイツ賞で古馬牡馬を相手に回してのGI制
覇を遂げたゴンバルダ(Gonvalda)



プライド(Pride)
上の2頭に関してはエリザベス女王杯にも参戦してほしい。
意外と本番にはプライドが出て善戦するかもしれないが…タイガーテイル(笑)



外国馬枠は10頭
BCターフで有力馬になりそうなロックハードテン(RockHardTen)はJCDとのことの登録もみえる。



BC⇒JCと言うのは理想的なローテーションと見る者も多いが、やはりネックは移動距離。各国各地から直行便を就航させられれば多少緩和さるれだろうがそうもいかない。
しかし、せっかく競馬が盛り上がってきたのだから、香港GIデーには負けてほしくない。
昨年のゴールデンジュビリーデーは成功だったと思う。
どうせなら、マイルCS,スプリンターズS、天皇賞・・・いっぺんにy(ry

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/80-7a3a1fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。