1. 無料アクセス解析

天皇賞(秋)

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果的に大波乱だった秋の盾。
今回はデータにこだわった買い目で大失敗。
勝ったヘブンリーロマンスは個人的な見解で流していたが、タップから。
近年の札幌記念勝ち牝馬はこれで天皇賞秋を2勝1敗。
エアグルーヴ、ヘブンリーロマンスが制し、負けたのがテイエムオーシャン。
トニービン×NT、SS×サドラーズウェルズ、ダンシングブレーブ×リヴリア。
母父がND系のほうが良さそう、これは少し掘り下げてみる必要がありそうだ。
レースの流れに疑問符が付いた人も少なくないと思うが、ロブロイを見ながらのレースで差したのだから立派、女傑誕生と言って良い。


ミッキーも久々のGI制覇に加え初の混合GI勝利+自厩舎の馬で初GI制覇。師が再来年で勇退だけに本当に良かったと思う。
写真取り忘れマスタ…orz



ロブロイは昨年ほどの勢いが無い。母の父であるマイニングは失敗種牡馬であり、早熟短距離ダート馬ばかり出していたことを考えるとこのあたりで力の衰えが出て来たとしても頷ける。
藤澤和師は『内が空いていてノリもうまく切れ込んだけど…』と話す辺り、この一戦でノリを下ろす事は考えていないようだ。



期待したタップダンスシチーは今回、本来の持ち味が出るような競馬をしなかった。
恐らく哲三は自信がなかった佐々木晶師の意を受けスロー前残り作戦を決行したように思う。
レース後『まだやれる手応えを掴んだ』と話す辺り、次走は常勝パターンでレースをするだろう。
初GIを決めたJCでバゴに借りを返す。





一番人気で好相性の京都大賞典を勝ってきたリンカーンだったが展開が向かず惨敗した。元々人気先行型で近親も早々に引退している馬が多いだけにあまり成長力は見込めないのかも。
二次曲線的な成長力は疑問か。4~5歳がピークと見て問題無いだろう。
リンカーン




今年のGIは偉大な記録を世襲したり新たな記録を打ち立てたりとムーブメントが激しい。
JCはどうなるか…
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/81-1059443a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。