1. 無料アクセス解析

JBCスプリント&クラシック

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち回りの日本版BC、JBCクラシック&スプリント。
今年はフサイチネットがスポンサーに付き賞金額も大幅にアップ。
メンバー構成も面白そうだ



先ずはクラシックから。
前日のオッズ1番人気はシーキングザダイヤ
今年急逝した女傑シーキングザパールの初仔。
これまでGI二着続きだがその安定感からの支持か。
しかし父ストームキャットは日本の馬場だと終いが甘くなる。その辺りを鞍上がどうカバーしていくかが腕の見せ所だろう。



二番人気の支持を受けているのが重賞三連勝、5歳の今年、遅咲きの本格化を迎えたサカラート
ダイヤが安定感ならこちらは明らかに勢いが人気理由だろう。



三番人気は昨年の本場米BCで最高のジョッキー、ランフランコ・デッドーリを推して『世界を獲れる馬だ』と言わしめたパーソナルラッシュ
出遅れなければ…の思いだ。



次がGI4勝目を狙うタイムパラドックス。BT産駒だけあって大舞台の底力には恐れ入る。



続く5番人気に前走のGI制覇でまだ終わってないことを証明したユートピア
課題は距離か。



地方馬1番人気のナイキアディライトが6番人気。
東京大賞典で絶頂期のアドマイヤドンを相手にあわやのシーンを演じた事もある実力派軽くは扱えない。
問題は鞍上が石崎大先生から息子であり放馬の名手、石崎駿に替わっていること。
息子に経験を積ませる意味合いが見え隠れ。



ここまでが圏内だろう。






JBCスプリントは世代交代がテーマか。



1番人気に推されたのは前走古馬相手の重賞であっさりを演じたアグネスジェダイ
先行脚質で名古屋の外枠を引いた利は大きい。
3歳世代は武蔵野Sでもワンツーを演じており世代自体が強い。



こちらも勢いなら負けないブルーコンコルドが2番人気。
フサイチコンコルドのダート上級馬という異色の存在。今レースの冠名であるフサイチを父に持つ同馬は勝負掛かる。



三番人気はメイショウボーラー
フェブラリーS制覇で色気を出して使った高松宮記念が余計だった。かしわ記念に直行していればもう一つタイトルを取れていた可能性が高い実力の持ち主。
距離適正にも問題は無いが直線が短いのに差しが決まりやすい名古屋でどう立ち回るか。



前走2着で復権を狙うニホンピロサートが不気味、ノボトゥルーもこの馬場で変わってくるかもしれない。
ヨシノイチバンボシも勢いでは負けていない。ジェダイマークを公言で差し切りを狙う。



アッサリか突き抜ける馬がいるのか、両極端になりそうだ。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/82-51ef9179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
他の重賞展望はこちら-スプリント偏-全て想定の位置取り(順番)と上がりで考える。1△ベルモントソレイユ37.4 良馬場で巻き返す!2 アグネスジェダイ38.3 人気はうなぎ登り!3 ヨシノイチバンボシ38.2 地元ファンの期待!4◎メイショウボーラー35.7....
2005/11/02(水) | 今週のターゲット

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。