1. 無料アクセス解析

JBC回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JBC両レースそしてTCKディスタフ共に三連単は波乱になった。

JBCCで底力を見せたのはタイムパラドックスだった。この馬本来の姿は捲く
りにあるのかも知れない。
ブライアンズタイム産駒だけにパワーは一級品で名古屋の深いダートもものとも
しなかった。これでGI4つ目、使って良くなる馬だけに叩き3戦目のJCDで
は日本の砦を任せたい。


二着は死んだふりをしていたユートピア。差し主流の名古屋で好位追走、インで
じっとし距離不安がある同馬を最短距離で導いた安藤勝はさすが。

3着馬は伏兵視さえされていなかったレイナワルツ。
元々中央所属のブラックタイアフェアー産駒で移籍してからも意外性のある成績
を残していた。
ブービー人気で複勝は馬連より高い1970円。
恐れ入った。


JBCSはフサイチの冠名馬フサイチコンコルドを父に持つブルーコンコルドが
戴冠。
ダートに路線変更後、良積を残していたが、これで本物だという裏付けが取れ
た。

ハタノアドニスは高齢といえど常に一線級に留まっていた実績馬。

3着馬のノボトゥルーも交流重賞の流れに乗るのはうまい。まだ浦和辺りならメ
ドが立つか。


本番のJCD→東京大賞典に向け駒が揃い始めた。
シーチャリオットの動向が気になる。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/83-ad1971e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。