1. 無料アクセス解析

阪神JF展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うら若き乙女たちの闘い、阪神JF。
毎年難解なレースで高配当が飛び出している。
またこのレースを勝つとその後に良い影響がないことでも有名。


京成杯みたいだ。

成長途上の時期に激しい闘いをすることで成長を妨げている可能性もある。
力を出せずに敗れた馬は逆に出世していたりする。



朝日杯もそういう趣があるが復活した馬は多い。
しかし長いブランクに入る馬が多く低迷期を越えてのもの。
牡馬よりも持続力のない牝馬が復活できずに喘ぐのは当然の気もする。



注目はアルーリングボイスだろう。
母のアルーリングアクトが早熟であり、フレンチデピュティを掛け合わせた本馬は既にかなり高い完成度を誇っており、同コースと言えど来春の桜を狙うより明らかにここの方が勝算がある。
連勝の勢いから人気になるだろうがいかんせん鞍上武豊に不安がある。
阪神の小回りGIは向かない気がする、本人にも苦手意識がありそうだ。



今の所、本命視はラッシュライフか。
想像以上に逞しい競馬をする。サクラバクシンオーと母父デインヒルのスピード
を受け継いでおり自在性もある。
完成度と言うよりはスピード能力の高さを生かすタイプ。



今回挙げた2頭はここを勝って燃え尽きてしまいそうな雰囲気も持っている。



狙うなら、スピードタイプか気性の勝ったタイプか。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/92-99bc5155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。