1. 無料アクセス解析

未分類

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームジャーニー
ステイゴールド産駒らしく息の長い活躍をしており、中距離ではトップクラスの力の持ち主。
懸念すべきは3歳以降関東での勝ち星が無いこと。
2歳の内は輸送が苦手でも能力で勝ったが、周りの馬が成長したぶん弱点になっていそうではある。
急坂コースがベストか。

アドマイヤフジ
中距離においては一線級相手に勝てないが大崩れはない。
上位拮抗を虎視眈々と狙うならばその力はある。あとは陣営の無欲の一発と鞍上スミヨンの賞金狙いの一発。

オウケンブルースリ
力はある、長くいい脚のイメージはあるが坂の無いコース限定?
また菊花賞馬の連対例は過去10年でナリタトップロードだけ。
厩舎的にもここはカンパニー、JCでこの馬か?

サクラメガワンダー
以前の遠征苦手も見られなくなり直線の長いコースは合っている。
友道調教師の狙いは有馬記念だ‥という情報も。

キャプテントゥーレ
アグネスタキオン×トニービンで配合だけ見ると向いてそうな気がするが、潜在的なスタミナや東京コースの適性が疑問。
小回り向き?
さて、秋の盾出走各馬を考察していきたいと思います。

先ずは大激闘だった昨年の覇者ウオッカ。
休養明けで毎日王冠2着と昨年と同じステップで来ていますが、今年の毎日王冠は自身がスローペースに落とし緩い流れ。
牝馬5歳で衰えも気になるところだけに、楽な流れで差し切られていることに懸念を抱きがち。
しかしウオッカは元々ハイラップの厳しい流れで力を発揮するタイプだけに寧ろ前走は当然の負け、2着に踏み止まったと言っても良いかと感じます。
昨年より相手は楽になるので重い印を打たざるを得ないでしょう。
カンパニー
毎日王冠は素晴らしいキレを発揮しウオッカを撃破。
東京コースで結果を出せたのは大きいと思いますが、先述のように今年の毎日王冠は息の入りやすい流れ。
中山の中距離を得意とするカンパニーは道中息を入れられれば末脚に繋がる、と見ます。
ラップの速くなりやすい天皇賞秋では一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使える方が重要。
昨年4着なので無下には出来ませんが連絡みとなると疑問苻。

スマイルジャック
血統背景や自身のコース適性から見る限り、有力に推したいところですがやはり行きたがる気性をどうにかしないと‥
現時点では潜在的なスタミナを生かしてマイル戦の方が合っているとみます。

シンゲン
この春6歳にして一気にトップクラスまで上ってきた注目株。
前走のオールカマーでは苦手な小回りも実績馬ドリームジャーニーを追い詰める活躍。
左回りの広いコースで真価を発揮するだけに今回は最適の条件。
心配なのは馬齢だけか。
豊にとって誤算だったのは、ポルカマズルカではなくアントニオバローズだった。
向こうが掛かり気味にハナに行きかけたので、ある程度脚を使ってハナを奪った所が坂の頂上。
勢いが付いた状態で坂を下ってしまい、2F~5Fを11秒台で通過。中盤1000mは63.2に落としたが、前半のツケを挽回するまでには至らず、最後の1Fで一杯に。
しかし、レース前の発汗具合から逆噴射するだろうと思っていたから、予想外に頑張ったと言える。気性がコントロール出来ればGⅠに手が届くかも。


勝ったのは伏兵スリーロールス。坂の下りで頭を上げる場面もあったが、内枠を利してインを立ち回り、直線はリーチザクラウンとヤマニンウイスカーの間を割って先頭に。
直後、物見をして外に切れるアクシデントはあったが、フォゲッタブルが来たのでもうひと伸び。
浜中はGⅠ初制覇。今年は昨年程の結果が出てないが、個人的には若手で一番期待してる騎手だけに、素直におめでとうと言いたい。ガッツポーズに池添臭がしたのは気のせいだろう(苦笑)


2着は春は存在を忘れ去られていた良血フォゲッタブル。勝ち馬がヨレたとはいえ、まさか吉田隼人でハナ差に持ち込むとは思わなかった。
つーか…1、2着馬は8、7番人気と実績の割に穴人気してたようにダンスインザダーク産駒の長距離適性は異常(苦笑)


説明出来ないのが3着セイウンワンダー。前半掛かりながら、最後までしぶとく伸びて来たのには仰天の一言。
無印にした朝日杯以降、尽く俺の見解とは逆の走りをするのは嫌がらせか?


イコピコは春天のジャガーメイルみたいな乗り方。最後は伸びては来たが、この乗り方では勝ち切るのは無理。
やはりスタミナに不安があったのだろう。この母系では3000は長いようだ。


ヤマニンウイスカーはリーチを捕まえにいったまでは良かった。アドマイヤメジャーは過大評価し過ぎたか。シェーンヴァルトは予想以上に鞍上が糞過ぎた。今後は北村友待ち。


案外だったのはナカヤマフェスタ。輸送による馬体減はなかったし、道中も上手く脚を溜めているかに思えたが…
4コーナーで手応えが怪しくなったのには「そりゃねーよ、おい」とガックリ来たorz


アンライバルドは最初の不利も痛かったが、やはり中距離馬だろう(ブレイクランアウトも同様)中山記念か大阪杯で逢いましょう。
さすがは前評判が高かったシンメイフジ。
前走のダリア賞が不本意な流れだったというのを改めて証明した。
フジキセキ産駒だけに朝日杯でも有力だろう。

2着フローライゼは前走1800mからでも健闘。
結果的に出遅れて大外を回らざるを得なかったのが末脚のキレにつながった。
クロフォードは距離経験があれば勝ち負けだったかもしれない。
前走が1200mでなければ最有力馬だった。

期待したサウンドバラッドは内を突く騎乗(もしくは出せなかった)が見事に裏目。直線でも抜群の手応えだっただけに騎乗ミスとしか言いようがない。このレースまでに芝の乗鞍が少なく、馬場状態が読めなかったのか‥なんにせよ次走鞍上変更で期待する。
中山より東京のタイプ。
サクラオリオン、マヤノライジン共に今回称賛されているのは、鞍上のファインプレー。
たしかに、先行して粘りがあるはずのサクラオリオンを下げて内から抜け出して勝ってしまう秋山。3コーナーから捲りにいき、4コーナーで捲り切れずも2着を確保したマヤノライジンの藤田。
鞍上は常に馬の力を引き出すための最高の仕事をするべき、という騎手のお手本を絵に描いたような仕事ぶり。
3着のメイショウレガーロ(岩田)にしても4着ブラックアルタイル(丸田)にしてもそうだ。
掘っ北海道シリーズはこういった面白さもあり、見応えがある。さて、力を引きだされた上位5頭の馬の父はエルコンドルパサー、マヤノトップガン、マンハッタンカフェ、アドマイヤベガ、マンハッタンカフェ。
みな洋芝適性のある父ばかりだ。
サクラオリオンはこの先中距離路線を担う存在になるのは速い競馬に対応できた時。
エルコンドルパサー産駒は極端なタイプが多く、速い上がりで勝負する馬か時計のかかる混戦でスタミナ、パワーを生かすタイプがいる。
勿論本馬は後者の方で秋の長雨に祟られれば秋天も見えてくる。

マヤノライジンはスパッと切れはしないが持続的にいい脚を使えるタイプでメイショウトウコンに似たタイプ。
藤田が最も得意とするタイプの一つで8歳にしても重賞の一つはとれていい。

メイショウレガーロはマンハッタンカフェ産駒らしく最期に一本調子なところが出た。
ブラックアルタイルは凡走続きに見えたが実はチョコチョコ見せ場があった、具合は悪くなかった。

札幌記念と同じ舞台だっただけに例年よりも価値があったか。
しかし札幌記念の例年のメンバー、そして今年予定しているメンバーをみるとまず、厳しい戦いであることは間違いない。
馬体がいいと産地での評判が非常に良かったデュランダル。
いざデビューしてみると‥
目立たないですね。
マイル辺りを見るとどうも距離の壁にぶつかっている印象。
SS×NTは種牡馬として成功しづらく未だ好例無し。
今回のデュランダルをみると何故そうなのかが率直にわかります。

そもそもSS×NTのGI馬は少なく、大体が短距離馬。アドマイヤマックスは高松宮記念、デュランダルはスプリンターズS、ダイワメジャーは万能でしたが皐月賞、マイルCSとスピードが必要なGIを勝っています。
SS×NTは潜在的に短距離適性が高いといえます。
種牡馬が伝える距離適性は自身のそれより短いことがほとんどです。
しかし出てきた産駒を見ると馬体に関しては中距離に適性の高そうな体つきであり、クラシックに賭けたい意識が強く働きます。
短距離適性の高いスピード馬にクラシック路線は厳しくなるでしょう。
一歩足りない産駒が多いのも事実ですが、トップサイヤー同士の配合に盲信的になり潜在的な適性を見落としているのではないでしょうか。
今年のマイネル軍団は有力牝馬に殆どと言っていいほどロージズインメイをつけています。
地方では既にロージズが勝ち上がり、JRAでもマイネアロマがダノンアンチョ、ダイワバーバリアンと評判馬を向こうに回しての逃げ切り完勝。
POGでの選び方にムタファーウェクの幻影を見てしまい敬遠しましたが、滑り出しはまずまずでしょう。

マイネアロマの配合は
ロージズインメイ
×
トニービン
×
トウショウボーイ
×
サンシー
×
レリック
母系は華麗なる一族、イットー直系で祖母はダイイチルビー。
ビッグレッドファームでも大切にされている血統でしょう。
ロージズインメイはDevil'sBag系なので母父トニービンとは相性がいいのは頷けます。

ロージズの配合は
ロージズインメイ
×
ロベルト
×
グロースターク
×
Hasty Road(Roman)
×
Eight Thirty
こちらは打って変わって母が外国産。
Hail to Reasonの5×3クロスですかね。
グロースタークの骨っぽさ、Roman系の力強さもいい形で出ていそうですね。
ざっと見た感じでは二頭に共通点は無いように見えます。

ロージズインメイ自身の配合を見てみると割と近いところにプリンスキロを持っており、父は少し遠いですがロイヤルチャージャーがあります。
プリンスキロ×ロイヤルチャージャー(≒ナスルーラ)は産駒に柔軟性を与えます。母に少し薄目のナスルーラ、ロイヤルチャージャーが相性の良い配合になりそう。
しかし濃くなりすぎると緩慢でスピードの乗りが遅い産駒も出ますので伸びやかなフォームで走れるような配合のバランスを取るべきでしょう。
セレクトセール3日目
この日は前二日と違い、一億円到達馬はナシ
最高落札額は
レディオブチャド牡:ネオユニウ゛ァース
野田みづき:7800万円
フサイチパンドラ09牡:シンボリクリスエス
エスアールcorp.:7800万円
と些か低調に終わった。

3日目の注目馬
レイライン09牡:マヤノトップガン
田原慶子:2000万円
リードストーリー09:A.P.INDY
永井商事:4000万円
ベルベットローブ09牡:フジキセキ
金子真人HD:3300万円
アリー09牡:MineShaft
永井啓弍:2000万円
マルセイユキャット09牡:ウォーエンブレム
オースミ:4300万円
クリームオンリー09牡:SmartStrike
キャロットファーム:2500万円
ボランス09牡:ゴールドアリュール
ディアレストクラブ:2950万円
スティンガー09牡:シンボリクリスエス
グローブエクワインM:5200万円
ベッラベリッシモ09牝:Kyllachy
北島牧場:2700万円

前二日で大きな買い物を連発した島川氏も買い控えに回りさほど競り合いも見られなかったようだ。
近藤利一氏は普段のような競り合いを見せたのは一頭だけで台所事情の厳しさを見せていたようだ。
セレクトセール二日目、当歳セクション初日。
一億円を越えたのは昨日と同じで3頭。
ウインドインハーヘア09:ダイワメジャー
16500万円
エウ゛リウィスパー09:ディープインパクト
15500万円
マイケイティーズ09:シンボリクリスエス
12500万円
全てトーセンの島川隆哉氏の落札。


ほかの気になる馬をピックアップ。
ウォートルベリー09牡:フジキセキ
金子真人HD:5600万円
ウ゛ァレンティン09:アドマイヤムーン
ダーレージャパン:1500万円
アイランドファッション09牡:GhostZapper
金子真人HD:5800万円
テンザンデザート09:ジャングルポケット
主取り:2000万円
ウ゛ァンドノアール09牡:ハーツクライ
ダノックス:4500万円
ライブリーチューン09牡:ゴールドアリュール
ダノックス:3600万円
ピンクパピヨン09牡:シンボリクリスエス
エスアールcorp.:5600万円
チリエージェ09牡:アドマイヤムーン
レキシントンF:5000万円
カラフルトーク09牡:ホワイトマズル
臼田浩義:4200万円
ディソサード09牡:ジャングルポケット
池谷誠一:2500万円
サファイヤコースト09牝:アドマイヤコジーン
近藤利一:2600万円
ソフォリフィク09牡:Unbridled's Song
里見治:3100万円
ルカダンス09牡:ゴールドアリュール
久米田正明:4200万円
ヒシシルバーメイド09牝:ダイワメジャー
池谷誠一:2600万円
パイタ09:Manduro
原とよ子:4300万円
グリーティングス09牡:オペラハウス
久米田正明:2700万円
フィヨルドクルーズ09:ジャングルポケット
臼田浩義:3800万円
ベツレヘムスター09牡:マヤノトップガン
オースミ:1600万円
プリマ09牡:ネオユニウ゛ァース
エスアールcorp.:4900万円
デライトポイント09牡:ゼンノロブロイ
鈴木隆司:2200万円
ミレニアムポップ09:サクラバクシンオー
近藤利一:2900万円
タイキラビリンス牡:ハーツクライ
備前屋:2500万円

ちなみにディープインパクト、ダイワメジャー産駒の一部は抜いてあります。高値が当たり前なので。
世界的な景気の悪化で購買鰐、総額に不安がある今年の市場だが、そんな思いに反発するかのように世界各地のセリでは下落が食い止められている。
大規模馬主が割と活発でやはりこのクラスの人間になると不景気=使わないではなく、各所に金をお年好況化を図ろうとするのだろう。
さて、そんな中行われているセレクトセール初日、一歳馬セクションでは一億円以上の馬が3頭出た。
最高落札額はマイケイティーズ08牡で14500万円、ビッグレッドファームが競り落とした。

マイケイティーズ08牡:ロックオブジブラルタル
ビッグレッドファーム:14500万円
半兄アドマイヤムーン
ロッタレース08牡:ディープインパクト
島川隆哉:11500万円
半姉フサイチパンドラ
フサイチエアデール08牡:シンボリクリスエス
大迫久美子:10000万円
半兄フサイチリシャール

さすがに良血馬揃い。
全ての馬の兄姉にGIがいる。

ほかに中価格帯で面白いのは
ハレアカラミスト08牡:アグネスデジタル
金子真人HD:2400万円
ティエッチグリーン08牡:ハーツクライ
大塚亮一:3000万円
タイフウジョオー08:キングヘイロー
グローブエクワインM:2700万円
レーヌウ゛ェルト08牡:リンカーン
林正道:3000万円
ジェイズミラクル08牝:Redoute'sChoice金子真人HD:3800万円
ピールオブサンダー08牡:サクラバクシンオー
田中成奉:2000万円
ムーンダンサー08牡:アドマイヤコジーン
ディアレストクラブ:1650万円
ディアアドマイヤ08牡:サクラバクシンオー
佐々木完二:2200万円
あたりか。
サクラバクシンオー産駒が意外(失礼)にも健闘。
やっぱり金子氏は買い物がうまいなぁ。

Before  | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。