1. 無料アクセス解析

イシュト

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多くの人間が予想したであろうクィーンスプマンテとテイエムプリキュアの大逃げ…それが、両方潰れる事なく最後まで続くと予想出来た人間はどれだけいただろうか。


クィーンスプマンテは好スタートを決めて宣言通りハナへ。3F~7Fまで12秒台前半の正確なラップを刻み、坂の下りでペースアップ。
このペースアップが劇的な結末に結び付いた。既にかなり開いてた後続との差を更に拡げ、直線半ばでプリキュアを競り落として逃走劇を最後まで演じ切った。
タナパクはデビュー4年目でGⅠ初制覇。シルクメビウスで重賞を勝ち、夏は札幌で揉まれて伸びかけてる若手騎手。迷いのなかった積極策は若さ故の特権だろう。


結果的に勝ち馬をアシストする形になったテイエムプリキュア。昨年のアルゼンチン共和国杯もそうだったが、自分のペースで走れれば同型馬がいてもしぶとい。久々のコンビだったが、熊沢はこの馬の特性を上手く出せたと思う。
しかし…引退撤回した時は「引き際間違えとる」と思ったもんだが、また展開がハマる日が来るとは夢にも思わなかった(苦笑)


最後は32.9という鬼脚を使ったが、時既に遅しだったブエナビスタ。
道中は後方4番手の位置取り。ペースの異変に気付いたノリに合わせて動き、4コーナーでは3番手集団に取り付いたが、手遅れの状況だった。
ノリに合わせて動いた辺りは流石だが、アンカツは結果としてブエナを3連敗させている。
札幌記念と秋華賞はコース適性が合わず、今回は展開の妙…明確な騎乗ミスではないが(とりあえず降着は置いとく)次負けるようなら乗り替わりがあるかもな…


外国馬シャラナヤは期待と不安が半々だったが、しっかり日本の馬場に対応出来た。予想以上に人気になり過ぎて馬券的妙味は全くなかったが、来年も再挑戦して欲しい。

カワカミプリンセスに騎乗してたノリは前半の位置取りから判断するに、おそらく決め打ちを試みようとしたのだろう(出足が付かなかった時点で取れる作戦はコレしかなかったし)
だが、向こう正面過ぎで展開の異様さに気付き、一気に3番手集団に取り付いた。この辺りの判断力は流石である。
しかし…あれ以上前に行こうとしなかった。カワカミの能力に自信があれば、もう少し前に行って2頭との差を詰めていたのではないかと思う。あそこまでしか行けなかったのが、カワカミの衰えを如実に証明する結果になった。


さて…自分の競馬に徹したタナパクと熊沢、いち早く異変を察知して動いたノリと、ノリに合わせて動いたアンカツ以外の騎手は敢闘精神の欠如で厳重注意レベルのカス騎乗もいいところ。


豊はイン突きに拘ったが、スタートの出遅れと折り合い欠いた時点で相殺。先行馬のブラボーデイジーに乗りながら、3、4番手で悠長に構えてた生野はローカルのドサ回りからやり直せ。


最大の戦犯はリトルアマポーラに騎乗してたスミヨン。今日は並以下の騎手に成り下がっていたが(ダノンパッションは相手が弱過ぎただけ)エリ女が一番酷かった。
1コーナー過ぎで前の2頭が後続を引き離しに掛かった時、スミヨンは鈴を付けに行かず、後続を金縛り状態にしてしまった。
2頭の1000m通過タイムと後続の差を確認した時「おい、スミヨン拙くないか?ラビットじゃないんだぞ…」と思ったが…ペース判断を誤ったとしか言い様がない。
あと、スミヨンはリトルアマポーラの特性を把握しきれてなかったのだろう。
アマポーラはスロー瞬発力勝負では分が悪いのに、勝ち目の無い舞台に上げてしまった。カワカミとブエナが来ても動かない時点で「終わったな」と諦めた。


まぁ人それぞれではあるが、俺個人の感想は果敢に逃げたタナパク、プリキュアの特性を生かした熊沢、ノリの判断力とブエナの鬼脚以外に見るべきものが何もないレースだった。
金曜の雨がどうかと思っていたが、どうやら良馬場までに回復しそう。大した影響はなさそうだ。


◎ブエナビスタ
○リトルアマポーラ
▲ブロードストリート
△ジェルミナル
△ミクロコスモス
△シャラナヤ


予想通り一本被りの人気になったが、今回はブエナビスタで問題無しだろう。
ここ2走の結果で明らかになったように、内回りからのびのび走れる外回りの外枠に替わったのはプラス。追い切りの動きは前走より明らかに良い。レッドディザイア不在のここは負けられない。


リトルアマポーラは時計の出るポリトラックで追われたが、シャープな動きを披露。休み明けだった前走からの良化を感じさせた。
何より、スミヨンを確保したのは大きい。先週のジャガーメイルは不本意な結果に終わったが、きっちり日本の競馬に対応している。


ブロードストリートは外回りに替わっても前2走の決め手が使えるかが鍵。状態面に関しては引き続き良好を維持。不安は短距離指向が強い母系の血統面。


ジェルミナルは「希望通りの枠を引き当てた」という陣営にもう一度騙されてみる。成長力に疑問が付くが、追い切りの動き自体は悪くない。ロスなく立ち回れば。
シャラナヤはルメール効果で過剰人気気味。レーティングは高いが、オペラ賞は同性の強豪が凱旋門賞に回ったという点を考慮すべき。ただ、コンパクトな体の作りは日本の馬場への適性を感じさせる。
ミクロコスモスは折り合い次第という条件付きだが、この馬も外回りは歓迎のクチ。あと、土曜はインべったりで2勝を挙げた豊が不気味。京都でイン突きに拘れば、まだまだ巧さを発揮出来る事を証明。


カワカミプリンセスは既にピークを過ぎた。正攻法で勝ち負けに持ち込むのは難しいだろう。
ただ、大阪杯みたく後方ポツンをやるなら話は別だ(プリキュアとスプマンテがいるので逃げは恐らくない筈)
ブエナ軸で行く以上、手を回せないが、或る意味一番怖いのはこの馬だ。


ムードインディゴは前走は展開がハマっただけ。出来自体は良く見えるので、掲示板には載るかもしれんが…ノリとは違い、勝春には全く怖さを感じない。
メイショウベルーガは確かに京都外回り向きの脚を持ってるが、条件戦上がりからでは手が出しづらい。
天皇賞・秋回顧
今の好調ぶりなら、昨年以上の好走があっても良い。
…と、展望で書くには書いたが、まさかカンパニーが突き抜けるとは思わなかった。


これまで、GⅠでは少し足りずというレースを繰り返して来たが、今年になって今までと違う点がある。
それは、後方待機でなくても速い上がりを使えるようになった事だ。
昨年までのカンパニーはメンバー3位以内の上がりタイムを出したのは後方待機の時で、好位抜け出しを図った時は4位以下になっている。
それが、今年に入ってから好位に付けても速い上がりを使えるようになった。とりわけ、毎日王冠と今回の天皇賞は最速である。
言うなれば、8歳になって更に成長したと見做すべきだろう。そして、この大舞台で完璧な騎乗を見せたノリはお見事の一言。円熟味を増したベテランコンビには今後も注目。


2着スクリーンヒーローは減ってた馬体が戻ったし、初めて装着したブリンカー効果が絶大。
ハナを奪うくらいの勢いで先団3、4番手の位置に付け、直線では先頭グループの外へ持ち出し、後続の脚色を計りながら徐々にギアを上げて行く。
カンパニーには離されたが、内を強襲したウオッカの追撃は最後まで凌ぎ切った。枠も良かったが、久々に騎乗した北村宏の手綱捌きも光った。


ウオッカの敗因は好スタートを切りながら、後方5番手にまで位置取りを下げてしまった事に尽きる。前半1000mが59.8というスローペースになれば、上位に来る馬は最低でも33秒台の脚を使える。
これでは、たとえ上がり32.9の脚を使ったとしても、決してアドバンテージにはならない。ましてや、ウオッカが力を発揮するのは、或る程度速いラップが刻まれて持続力が要求されるレースになった時であり、溜めたからといって切れ味が増すわけではないのだ。


おそらく、豊は毎日王冠の敗戦でウオッカの距離適性に不安を感じたのだろう。春天のアンカツや菊花賞の四位は今回の豊と似たような戦法を取り、レース後は馬の距離適性に不安を伺わせるコメントを残している。
ただ、ウオッカの距離適性がマイラー寄りにシフトしてたのは間違いではないと思う。そう、間違いではないが…
結局のところ、豊はウオッカの特性を理解し切れてなかったのだろう。こうした点からも豊の衰えが窺えるのは残念でならない。
◎シンゲン
○ウオッカ
▲キャプテントゥーレ
△カンパニー
△サクラメガワンダー
△スクリーンヒーロー


充実一途のシンゲンから入る。ベスト条件ではないオールカマーでも差のない3着。得意とする東京&距離短縮は大歓迎。最近では以前程イレ込まなくなってるように気性面の成長も窺える。
ウオッカはやや力んだ走りとなったとはいえ、昨年より緩いペースに落としながらカンパニーに差された毎日王冠が引っ掛かる。距離適性はマイラー寄りにシフトしてるのでは?と思い対抗まで。
キャプテントゥーレは同型馬との兼ね合いが鍵だが、自分のペースで走れば最後までしぶといのは過去のレースが証明してる。楽に好位を取れそうな枠なのも良い。


カンパニーは毎日王冠で東京コース初勝利となったが、それまでも大崩れはなかった。今の好調ぶりなら、昨年以上の好走があっても良い。
サクラメガワンダーは宝塚以来だが、追い切りを見た感じ、力を出せる仕上がり具合。春の充実振りなら、東京でも勝負になる。
スクリーンヒーローは2000だと距離不足なのは否めないが、東京コースは得意。ウオッカや他の有力馬を見ながら行ける枠も良い。


京都大賞典の勝ちっぷりが強烈だったオウケンブルースリだが、あの走りは本質的にステイヤーの走り。ここは脚を余す可能性が高い。狙うならJCだろう。
ドリームジャーニーは唸るような迫力だった宝塚ほどの出来にはない印象。あと、左回りに加え、コーナーが2つしかないこのコースでは力を発揮出来ない。
コースと鞍上が替わったマツリダゴッホは怖くも何ともない。
以前、日本に来た時より遥かにスケールアップしたスミヨンの実力が遺憾なく発揮されたレース。同じテン乗りでも、前任者の小僧とは格が違うとつくづく。
前半3F34.7と、1400にしてはやや遅いペース。これまで折り合いを欠く事が多かったキンシャサノキセキを好位で上手くなだめて折り合いをつけ、直線ではマイネルレーニアとアーリーロブストの間を割って抜け出し、追い比べを制した。
キンシャサは掛かる気性が原因で最近はスプリント路線を歩んでたが、4歳まではマイル路線を歩んでた馬。折り合いさえ付けば、或る程度は持つ。


波乱を演出したアーリーロブストは番手追走で流れに乗れたのが大きかったというか…ぶっちゃけ、スピードが足りてないと思ってただけに良く分からん(苦笑)
マルカフェニックスは好スタートを切るも、枠が枠だけに直ぐに位置取りが下がって後方からの競馬。直線は外から脚を伸ばすも…結果論だが、外より内の方が良かったか。


ショウナンカザンは最内を突いて先頭に立ちかけたが、最後の踏ん張りが足りず。現在の充実振りと距離の壁を感じさせる一戦だった。
スズカコーズウェイはスムーズに流れに乗っていたが、直線は伸び切れず。58キロが微妙に堪えたか。


クラウンプリンセスは距離が微妙に短かったか。
フィフスペトルは全体の上がりが速くなり過ぎた。
トレノジュビリーは好スタートが災いしたか、脚を溜められず。
グラスキングは道中の不利で戦意喪失した。
菊花賞
◎ナカヤマフェスタ
○イコピコ
▲アドマイヤメジャー
△シェーンヴァルト
△ヤマニンウイスカー
△スリーロールス


ナカヤマフェスタの総合力の高さに期待。
リーチザクラウンが作るであろう消耗戦に強いのは前走で証明済み。まともに走れるか不安だった調教も上手くやれた。大舞台で怯まない血統も魅力。
不安は初の長距離輸送とESP。基本的に蛯名は軸で買いたくないが、それ以上の魅力がこの馬にある。単複厚めで勝負。


神戸新聞杯で春の既成勢力を一蹴したイコピコは3000の長丁場でも最大の武器である決め手が使えるかが鍵だが、追い切りを見る限り、状態面に全く不安はない。
セントライト記念は案外だったアドマイヤメジャーだが、原因はスタートで出遅れて押し上げた際に折り合いを欠いた事。
2走前で完璧に乗った川田に変わるのはプラス。上手く流れに乗れれば。


シェーンヴァルトはダービーから「ファストタテヤマの再来かも」と狙ってた馬。これで北村友が間に合っていたらなぁ…
ヤマニンウイスカーは最終追い切りに「?」が付くが、長距離志向の強い血統と菊花賞とは相性が良い鞍上が魅力。まともに走れば最も怖い存在。
スリーロールスは血統構成から予想以上に人気してるが、出来自体はかなり良い。立ち回り一つで。


アンライバルドは折り合い面から長距離適性に疑問符が付くし、一瞬しか使えない爆発力は京都外回り向きではない。
リーチザクラウンはレース当日にならんと分からんテンションの高さが課題。自分でレースを作る=目標にされるという不安も。キーマンはポルカマズルカに乗るノリだろう(ポルカマズルカ自身の能力はGⅠでは足りてない)
セイウンワンダーは体型的に菊花賞は長過ぎる。アントニオバローズはノドの状態がなんとも微妙な状況。

前半1000m通過58.0
上がり3F12.0-11.6-11.6
勝ちタイム1.58.2


ハイペースでありながら最後までラップが落ちないという、実力差がモロに出る厳しい展開。
このペースで3番手追走から4着に踏ん張ったクーデグレイスは生まれるのが一年遅かった。自己条件なら回るだけで勝てるだろう。


遂に雪辱を果たしたレッドディザイア。勝負所で自分から動き出し、4コーナーで先行馬を射程内に捉える積極策。
直線入り口でデリキットピースが内を閉めない恩恵はあったが(先生の優しさ?)攻めに攻めた騎乗が遂に実を結んだ。四位の執念が伝わる良い騎乗だった。


2着はローズSでレッドディザイアを倒したブロードストリート。出遅れたものの、ハイペースで馬群がバラけた事も幸いし、中団後ろのインに取り付けた。
勝負所でブエナビスタに前をカットされて、勝負圏外に去ったかと思ったが、ポッカリ開いた最内を突いて強襲。
あの不利がなければローズSの再現になったかも。実に勿体ない一戦だった。


三冠ならずに加え、降着のオマケ付きと踏んだり蹴ったりだったブエナビスタ。
道中はレッドディザイアの直後に付けるという、今までより前の位置取り。直線はレッドディザイアの外に持ち出して追い込むのはいつも通り。これに関してはどうこう言うつもりはない。
ただ、勝負所でブロードストリートとワンカラットに与えた不利についてのアンカツのコメントはないわ。
藤田のオーバーアクションが原因と言わんばかりのコメントは如何なものか。これも、灰色裁定に助けられ続けた驕りなのかねぇ…


ミクロコスモスは出遅れたものの、ペースが速かった事もあって折り合いが付いていた。直線でブロードストリートより先に開いたスペースに入れたら、着順は逆だっただろう。


馬券の方は危うく紙屑になるとこだったが、加害対象がブロードストリートのみで首の皮一枚で繋がった。アンカツの所業のせいで、色んな意味で見応えあったレースが台無しになった感。



このレースのターニングポイントはスタート直後の先行争いだろう。
好スタートを切りながら二の脚が付かずに追っ付けてハナを奪いに行くローレルゲレイロと藤田に対し、馬なりでサーッと先団グループに取り付いたアルティマトゥーレと松岡。
ここで松岡がハナを争う構えを見せてれば、ゲレイロのリズムは確実に崩れていたと思うが…すんなりとハナを譲りやがった。
ちょっと有力馬に乗ったら過剰に吹くのと、大舞台で日和るのは松岡の悪い癖だ。


結果、ゲレイロは前半3Fを32.9で乗り切る。高速時計が出る今の中山では決して速いとは言えない。これが直線での二枚腰に結び付いたと思う。
これでゲレイロは春秋のスプリントGⅠを連勝したわけだが…俺はこの馬が強いとは思えない。好走する条件が何故かGⅠで揃う…或る意味、極めて幸運な馬という印象。脚質は真逆だが、同じく春秋のスプリントGⅠを連勝したトロットスターもこんな馬だった。


ビービーガルダンは先行争いを見ながらレースを進める絶好の位置取り。坂を上がった段階ではゲレイロを交わせるかに思えたが…昨年の天皇賞と同様、ゴール前で横をチラ見する悪癖が出てしまった。
勘だが、ガルダンはGⅠを勝つ最後のチャンスを失ったように思える。


カノヤザクラは結果的に出遅れたのが幸い。中盤のごちゃつきに巻き込まれず、スムーズに追い上げられた。もう少しペースが速ければ、際どい勝負に持ち込めたかも。
アルティマトゥーレは内を突く事も出来ず、外に出そうにもアーバニティに被せられて万事休す。松岡の日和が最後まで響く結果に。


グランプリエンゼルとシーニックブラストは3コーナーでキンシャサノキセキにカットされて終了。全くもって消化不良な内容。
で、そのキンシャサに乗ってた三浦はというと…加害者なのに、自分が被害者であるかのようなコメントをのたまう始末。
外に膨れるキンシャサを御し切れない自分の未熟さを棚に上げての言い訳じみたコメントは甚だ見苦しい。一体、海外で何を学んで来たのやら…
雨の影響がどれくらい残るか今一つ読めないが、多少渋っても7秒台後半の決着になるだろう。持ち時計がない馬は厳しいと思う。


とはいえ、出走馬の中で持ち時計がある馬は休み明け、中山の急坂や渋った馬場に不安、能力のピークを過ぎたetc.…といったマイナス要素を持ってる点を考慮する必要があるだろう。


最終決断
◎グランプリエンゼル
○ビービーガルダン
▲マルカフェニックス
△アルティマトゥーレ


グランプリエンゼルは1200mの持ち時計は無いが、NHKマイルは1.33.0の走破時計。ある程度速い決着にも対応出来る筈。多少渋った馬場にも対応出来るし、最終追い切りで抜群の動きを披露。意外に人気になってるのは予想外だったが、単複厚めで。
ビービーガルダンは野芝への対応が鍵だが、前半3Fが速くなりやすい中山は合っている。一番時計を叩き出したように体調も万全。安定感ならこの馬か。
マルカフェニックスは秋口から晩秋にかけて成績を上げてくる。坂がある阪神で結果を出してるし、7秒台後半の持ち時計もある。スタートで流れに乗れれば。
アルティマトゥーレはセントウルSからの時計が1本、しかも軽めという調教の軽さが引っ掛かる。人気程の信頼は置けないが、無印にするまでではない。


シーニックブラストは初の右回り、追い込み脚質が不安材料だし、騎手は代打で日本初騎乗。
ここは明らかに香港の叩き台目的…スリープレスナイトのリタイアでメンバーのレベルが微妙になったとはいえ、こんな外国馬に勝って欲しくない。
勝ったサンディエゴシチーは1~2コーナーで行きたがる場面があったが、インの3番手で我慢させる事に成功。
4コーナーで逃げ馬がバテて、前がガラ空きになるラッキーな面はあったが、今回は追われてからもしっかり伸びていた。
走るマンカフェ産駒の血統上の特徴であるミスプロの血を3代目に持つ。大物感は感じられないが、トライアルまでなら崩れにくいか。


モズは好スタートを切ったが、内のブルーソックスがハナを主張したので番手からの競馬。
3コーナー過ぎで気を抜く場面があったが、吉田稔が気合いを付けて先頭に。コーナーワークの下手さが災いして勝ち馬に内を掬われたが、2着は確保。
まだまだ改善の余地ありだが、文字通り能力だけで勝った初戦より進展が見られたのは収穫。ただ、距離は2000辺りが限界だろう。


アーバンウィナーはスタートが良くなく最後方からの競馬。4コーナーで中団に取り付き、直線では並んで追い込んだダノンパッションを競り落とした。
ロスの多い競馬だったが、予想以上に切れる脚を使える。乱戦になれば出番ありそう。


ダノンパッションは如何にも飛びそうなパターンで期待通り(?)に飛んだ。見た感じ、小回り&洋芝は合っていないが、根本的に力不足。
ロードシップは勝負所でモズに並び掛けたが、直線は全く追われず。尤も、ソエが出てるという情報もあり、この辺りは無理をしなかったと見做すべきか。
しかしまぁ、色々と吹きまくった松岡は赤っ恥にも程がある。弱メン揃いの福島でちょっと強い勝ち方をした程度で吹かないでもらいたいものだ。

Before  | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。