1. 無料アクセス解析

クラシックロード

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年振りの晴天に恵まれたNHKマイルC。
しかし波乱の芽は変わらず今年も三連単200万超の馬券が飛び出した。
波乱の主役はファルコンS勝ちのジョーカプチーノと三年目に入った藤岡康太騎手だ。
短距離路線を歩み、前走の内容からもほぼスプリンターという位置を確立していただけに人気がないのも頷けた。
しきし蓋を開けてみれば、序盤は速いペースで逃げたゲットフルマークスに鈴を付けに行き2番手からレコードタイムで押し切る競馬。
前が止まりにくい良い馬場で後続になし崩し的に足を使わせた。
馬場と展開に恵まれたのは確かだが、そういった展開を作り出せた藤岡太騎手に成長を感じる。また、馬もそれだけ成長していたと言うことで今後も期待。
コンゴウリキシオーのスケールアップ版と言ったところだろうか。
これをフロック視していてはいつかまた泣かされる。
タイムがすべてではないが、前後半のラップが同じでレコード。
スローなレースではない。

ジョーカプチーノの配合は
マンハッタンカフェ
×
フサイチコンコルド
×
トウショウボーイ
×
フォルティノ
×
ゲイタイム

マンハッタンカフェの成功パターンはいくつかあって
ヘイロークロス(≒サーアイウ゛ァー)
カーリアン
ミスプロ×ND
スピード牝馬
柔らかい血
などが代表的。

マンハッタンカフェはシンボリクリスエスと並び急上昇中のサイアー。現役時は菊花賞、有馬記念と中長距離で活躍したが産駒は短中距離馬、もしくは小回り得意馬が多い。
リボーの血がその原因か。
底力、パワーを伝えるのが基本だが父系に入ると硬さを伝える面がある。
それをグレイソウ゛リン系フォルティノの柔らかさで中和し東京でも走れるストライドを生み出している。
マンハッタン×フサイチコンコルドはレッドディザイア(カーリアン×サドラーズウェルズ)の構成とにている。

マイルを1分32秒前半で乗り切ると次走は9割方凡走する。古馬ですらそうなのだから、1.32.4というタイムは決して若駒に楽な数字ではない。
次は切るのが賢明か。

2着のレッドスパーダは評価が難しくなったがこの一戦で見限る必要はない。

本命視したブレイクランアウト不可解な負け方だが一線級にはあるまじき負け方。

不利を被ったアイアンルックのほうが今後は期待できる。
三強対決ならぬ一強と見込んでいたロジユニヴァースが不可解な惨敗。
位置取りも悪くなく、確勝級と思えたが4コーナーで手応えが無く直線は抜け出せずに馬群に飲まれていった。
敗因はこれまで揉まれるレースをしたことがなかった揉まれ弱さか。
また、初めての馬体減。びっしり仕上げた結果だが、仕上がりすぎてしまったのかもしれない。
『放牧も含めオーナーと相談しないと‥』とダービー参戦すらあやしくなったようだ。
新進の馬主さんなので頑張っていただきたい。


対抗に見込んだナカヤマフェスタも良い位置取りで直線で抜け出しそうになったが、イマイチ伸びなかった。鞍上も言う通り『久々のせいだろう』
ステイゴールド産駒はポン駆けが利く馬が多いが、さすがにGIでは厳しかった。
一度使って変わりそうだ。


セイウンワンダーはきっちり変わってきた。
前走の大幅馬体増は完全に調整ミスだっただけに無理に立て直す分のリスクがあったが思いの外、伸び代があるようだ。
鞍上が『勝負所で勝馬についていけなかったが最後は詰めている』とコメント。
これは聞き逃してはいけない。
長い直線を得意とするグラスワンダーの上級産駒の特徴が表れ始めている。


勝ったアンライバルドは『まだ少し頼りなく、ダービーでこそ』と踏んでいたが、今回はパドックから雰囲気が良くなっていた。
近代の良血一族らしい切れ味を示し、文句なしの一冠目奪取。
より一層ダービーが楽しみになった。

ネオユニヴァースは初年度からGI勝ちを送り出して来た事になる。社台としても相当力を入れていた種牡馬であることは確かだが出来過ぎの印象もある。
春のクラシックまではOKが証明された。
世には三強と言われているが果たして。
枠も極端な所に入り波乱ムードもチラホラ。
まずはロジユニヴァースから。
弥生賞というのは本番に直結しないことで有名だが例外がある。
過去弥生賞→皐月賞と連勝したのはアグネスタキオン、ディープインパクトの2頭。
共通するのは無敗だったという事。ロジユニヴァースもそれに続くはず。
これまでも自在性のあるところを見せており、紛れの起こり得る皐月賞で安定感を出せるだろう。
ただ最内を引いたのでほぼ行くしかなくなったか。出遅れると危うい。

打倒ロジユニヴァース最右翼と目されているのは、同じネオユニヴァース産駒のアンライバルドだろう。
外から3頭目を引いたので終始外を回らされる展開だと厳しいか。
半兄のフサイチコンコルドは3戦目でダービーを勝ち、ボーンキングは京成杯を勝った。
イメージよりも意外と早熟タイプの傾向を見せる牝系であり、春のクラシック期間が最適なのかもしれない。しかしながらまだ本馬は頼りなさが漂う。
ここよりもダービー、といった感じだろう。

リーチザクラウン。大外枠で逃げは常識的に不利。正直周りが騒ぎ立てすぎのような気もする。世代トップの一角と言えるまでの強さは見せていない様に思えるのだが。
加えてきさらぎ賞からの直行ローテは褒められたものではなく、鞍上も加味した人気からすると妙味は薄い。
今の中山の重い芝にも疑問が残る。軽い芝でキレを出すレースがあっていそうだ。

この布陣を崩すとしたら、一頓挫あった二頭だろう。
セイウンワンダーとナカヤマフェスタ。
セイウンワンダーは前走の負けっプリから大きく人気を落しそうだ。
前走も同じ舞台だけに大敗が懸念材料ではあるが敗因が太目残り、とはっきりしているのと、コース適正は朝日杯を見てもわかる通り十分走れるはずなので期待したい。
しかしながらグラスワンダーの上級産駒は広く直線の長い東京や新潟で活躍し、時として小回りや急坂で冴えない事もある。
2歳時のGIは能力だけで押し切ってしまうこともあるので上記の傾向に当て嵌まる可能性もある。
どちらなのか見極めるレースとなりそう。

中間、トモの疲れによる2度の出走見送り(弥生賞、スプリングS)があり、トライアルを使えなかった誤算はあるが、使い詰めだったこと、ポン駆けOKを考えると侮れないのがナカヤマフェスタだ。
同コースの京成杯は2着だったが、不利と落馬の影響。類い稀なる根性と鋭い決め手は一角を崩すどころか勢力図をひっくり返すかもしれない。
外をブン回すような競馬よりも内で我慢する方が良さそうで内枠を引きたい。
ステイゴールド産駒は格上げ初戦でも物おじせず穴を開ける傾向がある。
また、先述の京成杯は不出世レースであり、そこで2着というのも実は運の強さかもしれない。
ポン駆けOKな駒であっても一月からの直行はデータ的には不利。


◎ロジユニヴァース
○ナカヤマフェスタ
▲セイウンワンダー
△アンライバルド
荒れに荒れた秋華賞だが果たして勝馬の戦前評価は正しいものだったのか?
配合から。
ブラックエンブレム
ウォーエンブレム
×
ヘクタープロテクター
×
Vaguely Noble
×
Sir Ivor
×
Pardao

Fーno. 3-c
四代母からラッキーソブリン

Mr. Prospector 3 x 4
Numbered Account、プレイメイト 5 x 4
Damascus 5 x 5
母系に
Nasrullah 6 x 6 x 6 x 7
x
Princequillo 7

Hyperion 6 x 7

ミスプロの濃いクロスでスピードの絶対値を引き上げ緩慢になった体をダマスカスの硬質な筋肉で補っている。
Numbered Account、プレイメイトの全姉妹クロスがいい隠し味。
ほかにも母系の配合がナスキロクロスに底力のハイペリオンのインブリード。
かなりインブリードが煩い感じではあるが相互補完的に組上げられたクロス。
好不調の波が激しく前向きな気象の持ち主だが気分よく走れたときは得体の知れない底力を発揮するイメージ
戦前の低評価を鵜呑みにするべきではなく、意外性のある配合として一発を秘めるという部分を警戒しておくべきだっただろう。

秋華賞なわけです。
最大の焦点は『荒れるのか?』でしょう。
過去を見ると上がり勝負で荒れたり、削り合のサバイバルで荒れたりと様々な理由で一貫性がありません。
メンバーと展開次第で好走するタイプが変わりそう。
今回のメンバーで一番安心して見ていられそうなのは桜花賞馬のレジネッタですかね。
晴雨、展開不問で対古馬牝馬でもそれなりの実績があります。
レジネッタ
フレンチデピュティ
×
サンデーサイレンス
×
ブラッシングジョン(Brushing Groom)
×
Northan Dancer
×
Pretens

オークスで一番人気に支持されながらも4着だったリトルアマポーラも無視は出来ないでしょう。
リトルアマポーラ

ブライティアパルスは上がり馬だけに押さえて損はないでしょう

レッドアゲート
ブラックエンブレム
までは押さえたいですね。
ディープスカイ。
さすがダービー馬といった貫禄の走り。
春のような豪快な伸び脚ではなかったが、これは休み明けマイナス体重や早めに前を捕まえに自分から動いたためだろう。
やはり世代ナンバーワンである事は間違いない。
改めてこの距離で勝ったことで次は菊か秋天かが難しくなった。
贅沢な悩みだが。
血統的には秋天を目指してほしい。
タキオン産駒で活躍する馬の定番といえば母系に重苦しいほどのスタミナと重厚感が定番だが、当馬の母系は軽快なスピード感のほうが強い。

誰が見てもわかるほどの騎乗ミスでも何とか権利を取れたオウケンブルースリ。
遅れてきた大器と言う言葉がピッタリか。
後方から使った脚は34.5。
キレ味が身上でジャンポケ産駒ではあまり見ないタイプ。
距離にしても中長距離を走れそうな強いタイプが出てきたのは収穫。配合は
ジャングルポケット
×
シルヴァーデピュティ
×
ノーザンジョーブ
×
リボー
×
ナシュア
うーん、ダート中距離のニオイがする。
一瞬小牧が大波乱の主役になるかと思った。主役になれずとも今年は小牧の年か。
四位は史上二人目の連覇でダービー職人になった。

勝った◎ディープスカイは荒れ気味の最内枠だったがいつもよりいいスタートが切れた。
道中は下げて中団、思うようなポジションがすんなり取れ、追走。
4コーナーで詰まったが、無理をせず外に回せた。大外ブン回しはいつもの四位の乗り方だが、いつもよりもスムース。
豊がやる『いつの間にか外へ』が出来た。
外に持ち出されると鞍上の気迫に応えて34.2の上がりをつかい勝利をもぎ取った。
前走も稍重で速い上がり、今回もメンバー中最速の上がり、2番目のブラックシェルよりコンマ5秒も速い。
前走後は中間一本の追い切りで臨戦過程は絶対的な物ではなかっただけに能力の高さが浮き彫りになった。
オーナーの深見氏はディープサマーに続く3頭目の所有馬でダービー馬オーナーになった。馬運に優れたオーナー、今年も目が離せない。
配合は割愛。快速T.V.Lark、底力ボールドルーラー、底力リボー、快速ダンチヒとスピードと底力を常に重ねてきたタイプ。
タキオンは単体では非力な印象でスタミナも微妙。その部分を補ってある程度硬め、スタミナ重視の牝馬を付けるのがセオリーか。
大混戦に拍車をかける皐月賞馬の不在、そしてNHKマイルC馬の出走。
オリエンタルロック、出世レースである東スポ杯2歳馬フサイチアソートが出られないという事態。どの馬にもチャンスがあるように思える今年のダービー。
そんな中からでも勝つ馬は出る。
今年のクラシック戦線はSS産駒がいなくなり傾向が変わって来つつある中で、馬インフルエンザの流行によるデビューのずれ込み、混戦の原因はここにあるだろう。
過去の傾向は重視しないほうが賢明か。
オークスは桜花賞組が来、傾向通りに思われるかもしれないが、2歳女王がオークスを勝ったのは実に11年振りだった。

本命に推したいのは毎日杯、NHKマイルCでも期待に応えてくれたディープスカイ。毎日杯でキャリアが薄かったといえ、後に青葉賞を勝つアドマイヤコマンドに決定的な差をつけた。
前走のNHKマイルCで見せた馬場悪化の中での息の長い鋭い末脚。
府中の長い直線で最大の武器になるだろう。

対抗は○マイネルチャールズ。後発組が高い評価を与えられる中、王道に近いローテをで結果を伴いながら闘ってきた。
心配なのは姉マイネヌーヴェルが高い評価を与えられながらオークスで惨敗したこと。
母マイネプリテンダーの産駒は中山2000メートル複勝率100%。最も得意とする馬場が中山で東京への適性が鍵。兄のマイネルアワグラスは東京ダートで鬼脚を使っているので杞憂に終わるかもしれない。

単穴は青葉賞からダービーと藤澤和雄厩舎王道ローテを進むクリスタルウイング。
藤澤師の談によると
『シンボリクリスエスやゼンノロブロイに比べても一枚落ちるくらい』
とのことでダービー2着、年度代表馬にも選出された同厩舎の2頭の先輩と比較した。
今年の混戦模様なら勝負になる。

重い印を打てなかったが、素質は明らかに上位といえるアドマイヤコマンドが△。前走の青葉賞は距離伸びてさらに良さが引き出された。
印ほどの差はない。
ジリ脚なので動き出しに気をつけないと思った進路が取れない可能性もある。

プリンシパルS同様、アグネススターチが逃げを打つ。
ハイペースの逃げならば鮮やかな末脚で一気に突き抜けるかもしれない★ベンチャーナインに色気を持感じる。
主戦の武士沢騎手の急逝した愛馬トウショウナイトにかわる活躍を期待したい。
オークス回顧。
ポルトフィーノはいなかったものの、混戦でいいメンバーがそろった一戦。
期待していたのですが、池添が一人でレースをぶち壊しました。
JRAでは”側への斜行による被害は走行妨害には至らないが、継続的かつ修正動作の無い危険な騎乗であると認められたため、降着処分のない騎乗停止という異例のケース”という判断だそうですが、お客様は馬券を買っているわけです。

なぜカワカミプリンセスが降着でト-ルポピーが降着なしなんでしょう?
アレは他馬との接触以上に危険な騎乗だったと思います。
しかも勝った瞬間のあのガッツポーズ、自分がやったことの重大さをまったく理解できていません。
近いうちにまた同じようなことを起こすでしょう。
あの馬ごみの中で、もし接触があり、一頭でも転倒していたら。。。と思うとぞっとします。
下手をすれば世代トップクラスの半分以上の馬がだめになってしまうことすらあるでしょう。

そんなこんなで勝負どころで斜行(というより遮行だな)により被害をこうむった馬が半分くらいいたんじゃないかと思います。
今回のレースは結果を鵜呑みにすることはできません。

この着順という結果だけを当てはめると今年の秋華賞は大荒れになるんじゃないかと思います。
難解な若駒牝馬の大一番でございます。
オークスを展望する上で失敗しやすいのが、2400m重視のスタミナ馬を選ぶこと。
さすがに短距離馬には厳しいですが、マイルから2000m位のあうキレる馬を選ぶほうが良いでしょう。
SS亡き今、傾向がスタミナ向きに変わるか?と思いきやあまり変わらない様です。

また、雨模様でもあまり変わらずキレる馬を狙います、もちろん馬場適性は重要なファクターではあります。

◎アロマキャンドル
フレンチデピュティ産駒は昨年から大ブレイク中。母父にSSを迎えることで本来の種牡馬イメージと全く違う産駒がでます。
デビュー当初は前からの競馬でしたがここにきて控えて鋭い脚を使えるようになっており、道悪でも削がれる可能性が低いと思います。

○ブラックエンブレム
桜花賞は参加するだけの競馬。その前走は追い切りらしい調教をされておらず、度外視して良い敗戦です。
父ウォーウンブレムは繁殖能力に問題はあるものの、少ない産駒は軒並み高い能ウ力を持っています。

▲リトルアマポーラ
エンジンがかかるまで少し時間のかかる面があるので直線の長い東京はあっています。
一気に、というよりは徐々に加速するタイプで重い馬場でも加速しやすいのではないでしょうか?

△スペルバインド
兄は皐月賞2着のシックスセンス
父ゴールドアリュールはダートで強さを誇った馬らしく産駒も道悪を苦にしない。
タケミカヅチなど見ても豪快な伸び脚が持ち味で東京コースは合うでしょう。

Before  | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。